This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

世界の終わりの空気の香り

どこまでいっても世界ってのは、各人の人生の範囲を出るもんじゃないような気がする。政治とは各人が信じる正義…と同じようなもので。世界の危機と主人公の個人的な問題が並置されているのがセカイ系だったか。将来のことを考えるととても暗くなる。御多分に洩れず下流をクロスオーバーで生きている。でも、本当に危機的状況になればblogを書いている時間も、ポエマってる余裕も無いんだろう。これまで僕等は終末観を漂わせながらなんとなく進んできた。これからもきっとそうなんだろう。
かみのしっぽはどこにある。あまかけるふねのわすれもの。
正解の無い世界で、何を指標に生きるかが問題だ。目標を持たないのが日本人だったか。努力とは何か。長時間働くことか。苦役に耐えることか。photoshopの画面を見るより、何かほかの事にリソースを回した方が得策か。生きがいとは何か。
答えは出るはずも無い。

posted by PFM