This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

ミニマルミュージック

Hello Windows
これ気持ちいいですね。I am robot and proudかな?って思いましたが(以前書いたエントリー)。ミニマルミュージックについてはちょこちょこ書いていたと思いますが、スティーヴ・ライヒがとても有名で久石譲、坂本龍一あたりがその影響を受けているらしいですね。あとはNujabesnomakなども短い美メロをサンプリングして何度も繰り返すのがそれっぽいかなと思います。ミニマルミュージックは繰り返しの中の微妙な揺らぎが心地良いですよね。

自分はヘッドフォンで音楽を聴きますが、遠くや近くで鳴っている音が何層にも重なり、その音の粒子一つ一つが合わさって一つの波を描き、そしてそれが曲として構成されているようなものがかなり好きです。ある一つの音の粒に注意しながら曲を聴いたりして何度も楽しんだり、作曲者はなぜここにこの音を配置しているのかなと考えたり、この曲はどういう状況下でつくられたのか、朝なのか夜なのか、途中から曲調が変わればその時の作曲者の体調や気分はどうだったのだろうか、という具合にいろいろ考えながら聴いてみたりします。そういうのも楽しいかなと。

ある作品と対峙した時、それは自分の中に共鳴する何かがあるかどうかを見ていると言う部分が結構あって、それは自分を成長させるきっかけになるんですよね。そこで何もしなければただ消費してしまうだけで終わってしまいますが。どのジャンルでもそうですが、素晴らしい作品とはそういうものだと個人的に思っています。

posted by PFM