This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

Ann Demeulemeester / Dazed & Confused Japan interview

Ann Demeulemeesterの公式ページでDazed & Confused Japanに掲載されていたインタビューのPDFファイルがアップされていました。
「愛する人たちとともに時間を過ごし、愛し、何かを与え、クリエイトし、自然の中に身を置き、ポジティヴなヴァイブを受け取り、またそれを他者に与えることができれば、私は幸せです。」という言葉が良いですね。

So Far Away...

オレンジ色の外灯が、雨に濡れたアスファルトを照らす高速バス乗り場。
少し肌寒い風を受けながらベンチに座り、降り続ける雨と共にバスを待つ、
スーツを着た男性と一組の男女、そして若い女性と自分。

プレイリストの最初の曲が再生されたところで、目的のバスが顔を見せる。
スーツ姿の男性から順番に乗り込み、一組の男女は女性が男性に別れを告げ、
そのあとに続いて若い女性と自分も薄暗いバスに乗り込んだ。

結婚式の招待状が届いたのは、一ヶ月ぐらい前だっただろうか。
それぞれがそれぞれの道を歩み始めてから、どれだけの歳月が流れたのだろうか。
そんなことを考えながら招待状の封を開け、少しだけ昔のことを思い出しつつ、
静かにスケジュール帳にその日の予定を書き加えた。

結婚すると自由になる時間もお金もなくなるよ、一番上の子供が小学生になるという旧友は
そう嬉しそうに話してくれた。彼に会ったのは約十年ぶりだった。

薄暗い静かな車内には、低いエンジン音とフロントガラスを叩く雨の音だけがしていた。
僕は曲のボリュームを少しだけ上げ、それらの音を打ち消し、すべてを遠い世界の風景にする。
高速道路に一定間隔で置かれているオレンジ色の外灯が、雨に濡れたアスファルトと
そこに引かれた白いラインを暗闇の中に映す。
一定間隔で通り過ぎる風景のリズムをぼんやりと眺めながら、曲とそのリズムが
次第にシンクロしてはズレていくのを何回か繰り返した。

懐かしい名前を久しぶりに聞いた。
高校で教師をしているという彼は、あの頃の面影を残しつつ大人になっていた。
高校時代の担任の先生にも久しぶりに会った。
同級生だった教え子が教育実習を受け、そして今は同じ職場で働いているという。

時間はゆっくりと流れ、世界を確実に変え続けている。

気が付くと雨は先ほどよりも少しだけ強くなっていた。
フロントガラスのワイパーは、休み無く一定のリズムで忙しなく働き続けている。
車内の蛍光色のデジタル時計は淡々と時を刻み続けていた。

アルコールが残った頭に、ぼんやりと聴きたい曲が思い浮かんだ。

一ヶ月前にスケジュール帳に引いたその日は当たり前のように過ぎ去り、
ハードディスクの数年前のデータのように思い出になった。

次に彼らに会えるのはいつになるのだろうか。

暗い車内でデジタル表示の画面を見ながらプレイリストの一番最後で
再生ボタンを押した。少しの間を置いて曲が再生され始めた。
高速バスがトンネルに入り、オレンジ色の光が車内を照らす。

愛を歌うその曲を聴きながら、目をそっと閉じると瞼の上をオレンジ色の蝶が舞った。
少しだけ穏やかな不思議な時間が流れる。

僕はシートに体を預け、夢が醒める前に深い眠りに着くことにした。

New York Look

コソの出来事で紹介されていましたが、New York LookChristopher Anderson's Documentaryが素晴らしいです。
Backstage Photographyを見る度に思いますが、もう一つのコレクションという感じがしますね。デザイナー(ブランド)とオーディエンスという関係性とは違う視点が提示されていて、そこに更にライヴ感(リアリティ)がある。それがバックステージ・フォトグラフィーの魅力であり、強度であると思いました。

Dior homme or Kris Van Assche?

Dior hommeの08SSのカタログ(カジュアルラインのアイテムが載っている小さい本)ですが、これに載っていないアイテムっていくつかあるんですね。最近購入したのはコットンベルトなんですが、確か載っていないと思います。その時は違うものを買うつもりだったのですが、なんとなくDiorに寄ってみたら…。
個人的にKris Van Asscheの赤の使い方がとても好きです。といっても過去のコレクションを見てもほとんど使っていないのですが、こんな感じで赤を入れたLookが良いなと。購入したベルトもアイテムを見た瞬間にこのLookが頭に浮かびました。Dior hommeというよりは、どう見てもKris Van Asscheのアイテム…。ちなみにベルトのカラーは赤と紺とベージュがありました。

RESTIR

そういえばリステアが7月末で銀座店を閉店するそうですね(via WWD)。個人的に六本木よりもよく行っていましたが、品揃えは六本木の方が良いと感じていました。ちなみに銀座店ではDiorの取り扱いが無いのですが、理由は旗艦店がすぐ近くにあるから…ということらしいですね。
今年の初めには、リステアホールディングスがバレンシアガ・ジャパンの株をグッチ グループに売り渡していますよね。これによって共同出資会社だったバレンシアガ・ジャパンはグッチ グループの全額出資子会社になったわけですが。あと、リステアHDってゴールドマンサックスといろいろやってたりしますよね。
何かについて調べるときにはお金の動き方を追っかけていくと、いろいろ見えてくる部分があるかなと思います。それは個人でも企業でも同じですが。

music life

最近聴いたarlieのModernismというアルバム。全体的に緩急がある感じの構成でした。良いなと思った曲は、#04.Special day, #05.Long Time Ago Na*risk Remix, #10.Envy, #12.CRAZY LOVEかな。公式のこのページでいくつか聴けます。#05は、Jazzin'ParkLong Time AgoのRemixですね。個人的にLong Time Agoは、feat. STEPHANIE COOKE Remixが好きです。

あと、最近聴いて良いなと思ったのは、M-SwiftのFantasyという曲。Incognitoが聴ければM-Swiftも聴けると思います。あとは、Jazzida Grandeを聴いてみたり。少し古い曲を発掘して聴いてみたり(Rasmus FaberのEVER AFTERなど)。
相変わらず音楽が無いと生きていけない…ですね。

Bonds with Designers チャリティTシャツ展

伊勢丹のサイトにページができていました。
各デザイナーのデザインも、すべてではありませんが見ることができますね。
チャリティうんぬんは抜きにして、一枚ぐらい買ってもいい…かな。。

Backstage Photography / V MAGAZINE

V MAGAZINEのSHOWSのページでPARIS MATCHというBackstage Photographyの写真が見れるのですが、これが一歩引いた視点で臨場感があってとても良いです。Photographerは、Schohajaという方で公式サイトでポートフォリオを見ることができますが、光のハレーションの使い方や植物とその影の使い方がとても巧いなと感じました。
ちなみにV MAGAZINEのSHOWSのページですが、最新のバックステージ・フォトグラフィーのChristian Dior Cruise Collectionはここから見れました。

+81 Vol.40 / SUMMER 2008 London Graphic issue

+81の最新号が出ていました。ロンドン・グラフィック特集ということで、元The Designers RepublicBuild(Michael C. Place)や雑誌「Crash」のアートディレクションを手掛けていたYorgo Tloupas(intersectionmagazine.com)、The Designers Republicに所属したRob Brearley、Dazed & Confusedでアート・ディレクターを務めたPETER STITSONなどへのインタビューが掲載されています。また、今号から誌面のアートディレクションが前編集長の山下悟に戻ったことが個人的には大きかったです。パラパラと読んでいて、最後のクレジットを見る前に何となく変化には気付きました。情報が整理されている感が違うと言うかなんというか…。
で、上に載せた画像ですが、ロゴの変遷です。前から一度書こうと思っていたのですが、ついつい先延ばしに…。出版社が変わる度?にロゴが変わっているんですよね。といっても三回ですが。自分としては、vol.05-vol.11の頃がとてもよく記憶に残っているのですが、それはその頃に読み始めたから…というのがあるかもしれません。稲葉英樹がやりたい放題?やっていた時期でしょうか。

Ryohei

一番最初に彼を知ったのは、Fantastic Plastic MachineのWhy Not?なのですが、The CardigansのCarnivalをカバーしていたんですね。他にもDaft PunkのOne More TimeやJohn LennonのHappy Xmas (War Is Over)も。あと良いと思ったのが、2nd AlbumのCavacaに入っているYou Gotta Be feat.Kentaro Takizawa. ハイトーンで透明度の高い声がとても聴きやすく、心地良いです。

上に載せた画像は、Summer Time Love - m-flo loves Emi Hinouchi & Ryoheiのジャケットです。いろいろ調べていてAmazonに大き目の画像があったので加工してみました。曲もそうですが、ブルーの浴衣が爽やかな夏を感じさせる雰囲気で良いなと思ったので。何においてもそうですが、透明度や空気感といった属性は大切にしたいですね。

Hint Fashion Magazine

fashionologieで知ったのですが、Hint Fashion MagazineのJetsetera diaryにChanel Cruise Collectionの記事がありました。舞台裏の写真がいくつか見れますね。Hint Blogにも記事があります。
Blogで他に気になった記事をいくつかピックアップすると、Ann Demeulemeesterのこの記事はホワイトコレクションの話ですよね。過去の作品を復刻するライン。あとは、Yohji Yamamoto Extends the Bonsai Branchは北京でコレクションを行ったという話。Y's Red Labelの記事もありました。この記事の写真も素敵です。
他にhintmag.comに関しては、Collectionsでバックステージの写真がたくさん見れるのですが、お祭り騒ぎな感じで楽しいです。お暇なときにでも。

CHANEL Resort 2009 MIAMI

シャネルのコレクションがアップされていました。
style.comのrunway reviewでは、"mixed rock 'n' roll with seventies swing and high glamour"と書かれていましたが、そんな感じですね。上品な雰囲気の中でもそれがそのまま発散しないように、バングルなどで上手く引き締めていると感じました。あと配色で言えば、黒の使い方でしょうか。明るめの色でまとめると軽くなり過ぎたりするので。これは服に限らず、グラフィックでもイラストでも何でもそうだと思いますが。
何となくですが、全体的に渇いた暑さを感じさせるコレクション…でした。

Pat McGrath

コレクションのメイクが気になっていろいろ調べてみると、だいたいPat McGrathという名前がMAKE-UP Artistとしてクレジットされていますね。その仕事量もそうですが、表現の多彩性とクオリティが凄い。
ネット上で彼女のポートフォリオが見れないかなと思い、いろいろと探してみたのですが特に無いのですね…。

Pat McGrath Photos on Style.com

Christian Dior Cruise 2009 NYC

ニューヨークで始まったクルーズ・コレクション。
クリスチャン・ディオールはプールでリゾートな雰囲気ですね。coutorture.comでコレクションの大きい写真が見れました。上に載せたJohn Gallianoの写真もcoutorture.comからです。ジョン・ガリアーノはいつも魔法使いのようなオーラを発しているのが面白くて良いですね。

Resort 2009 Fashion Shows - style.com

monotone.

少しだけ季節が巻き戻った週末。
泣き出しそうなグレーの空とビルのコンクリート、
工事中の朱色のクレーンが寂しそうに風に吹かれる。

駅のホームで椅子に座り、ぼんやりと行き交う人たちを眺める。

視線を落とし、イヤフォンから流れる音楽に集中しながら
足早に行き交う人たちの足元を眺める。

ハイヒール、ブーツ、スニーカー…真新しいものから使い古されたものまで、
一定のリズムを刻みながら僕の視界を右から左へ、左から右へ。

聴いていた曲が終わりを告げ、数秒間、現実の世界の音がイヤフォン越しに心をノックする。
外界から介入してくるデリカシーの無いその雑音が、現実に生きているという実感を僕に与える。

ホームに何回目かの電車が到着し、視界の半分が顔の無い風景化した足で埋まる。
曇り空、モノトーンの風景。

イヤフォンから流れる曲のボリュームを上げ、僕は目を閉じた。

tao COMME des GARCONS

high fashion JUNE 2008 No.321

コムデギャルソンよりも女性性が強く、柔らかい印象を受けるタオ・コムデギャルソン。柔らかいけれど芯の通っている雰囲気がとても好きです。
08-09AWコレクションでは、後半に出てきたパールカラーのドレスが良いですね。写真を最初から見ていくとベースカラーが黒から白系に変わるので、そのコントラストが良い感じに効きます。あと、メイクで気になっていたのは目の下に書かれている文字。いろいろ調べてみたところ、Fashion Spotにかなり大きな写真がリンクされていたのでそこからいくつか見れました。書かれていたのは、"BE AWARE" "TAKE CARE" "FLOWERS TWINKLES" "WHY NOT" "ANGELS STARS"などのようです。雑誌のhigh fashionでも頬のメッセージに触れていて、"Be powerful" "Be inspired"といった文字も書かれていたようです(上に載せた写真の二枚目はバックステージのもの)。

服が与える高揚感が日常の中に彩りを与え、それが社会に何某かのエネルギーとして還元されることで初めて作品として服が完成する。そう仮定するとすれば、デザイナーがデザインするものは服ではなく、その向こう側にある「何か」なのかな…という話は個人的に服に限らずよく考えたりします。今回、メイクとして描かれたメッセージは、何となくそんなことを考えさせてくれました。

The New York Times Magazine

上のグラフィックを見つけて、何かなと思ったらニューヨークタイムズのものでした。
ニューヨークタイムズ マガジンは毎週日曜日に発行されているサンデーマガジンのようですね。その中にStyleという項目があって、ファッション関係のコンテンツが載っているようです。2008.5.11号は、Killer Beesという写真が掲載されています。
海外はこういうのがとても発達しているなぁといつも思いますね。

fashion database

セレブが着ていた服とそっくり同じ服を買いたければCoolspottersへ
TechCrunchに面白そうな記事が載っていました。こういった情報に対して、構造化をしてデータベースをつくるというアプローチは有りそうで無かったですね。自動化するのが難しいからと言うのがあるかもしれませんが、そこはwiki形式で人力で解決という感じでしょうか。新しい広告のカタチと言えばそうかなと思いました。

only item

Belt - COMME des GARCONS HOMME PLUS

今日はDistrictのInfoに載っていたSHIRTラインの別注品を見てきました。個人的には半袖で面白いのがあったら欲しいなという感じだったので、見るだけ目的でしたが。別注品なだけあって気合いの入った作品でした。SHIRTの半袖では開襟タイプのものが置かれていましたね。ちなみにボタンダウンのものは少し前に購入済です。もちろん細身のタイプ。シルエットが好きなので(ギャルソンでシルエットってのが面白いですね)。
それで別注で思い出したのですが、伊勢丹などにもいろいろなブランドで一点モノのアイテムがあったりしますね。もちろん別注なので本店にも無いのですが、何となく本店と同じ質問を店員さんに投げかけてみると見たことも無いアイテムを出してくれたりします。商品管理のファイルを見てみると"I only"(…だったかな?)って書いてあったりして。一点モノです、みたいな。しかもそういうものに限って自分と波長があったりするんですよね…。この辺もウィンドウショッピングの醍醐味といった感じでしょうか。

Breath of the...

風が西から雲を運び、生温い空気がシャツの間から僕の肌を舐める
海沿いの球場 遠くで鳴る雷の音

空から舞う水滴が火照ったアスファルトを濡らし始める
柔らかいシャワーのような雨が 世界の体温を少しだけ下げ、空気の透明度を少しだけ上げる

そんな初夏の香りのする風景の中で足を止め 少しだけ世界の呼吸に耳を貸した
現実から目を瞑り、耳を塞ぐヘッドフォンを外して

yuma

yuma/IRMA RECORDS JAPAN
Kaleidoscopio関係をいろいろ調べていて偶然見つけた、yumaという米国在住の23歳の日本人音楽プロデューサー。myspaceで聴ける曲はどれも素晴らしくクオリティが高いですね。Trace of Windのピアノは個人的にヒットです。夏にアルバムがリリースされるとのことですが、かなり楽しみ。

Kaleidoscopio - Meu Sonho (Star Guitar Remix)

YouTube
かなり気持ち良いハウスリミックス。Star Guitar Remixとなっているのは、ケミカルブラザーズの曲っぽいかららしいです。ブラジリアン・ドラムンベースで言語はポルトガル語。Mondo Grosso feat. BirdのLifeと共に夏に聴きたい曲かな。

ageHa@STUDIO COAST

瞼の上を何度も光が横切り、形の無い音楽に自分の体が触れているかのような感覚。
気が付いたらあっと言う間に朝でしたが、かなり楽しかったですね。プールサイドで一頻り楽しんだ後は、ラウンジで椅子に座ってお酒を飲みながら音楽に身を委ねていました。選曲もかなり聴きやすかったのでまったりしながらボーッとしつつ、フロアの光と行き交う人を眺めているだけで気持ちが良かったです。
時間がゆっくりと流れていくのをお酒を飲みながらぼんやりと過ごし、自分とその周りの光景を客観視(メタ化)しながら楽しむのが好きですね。言語化がするのが難しいですが、一度相対化した上で楽しむって言う感じでしょうか。

DJ:
Water Bar/DAISHI DANCE
LOUNGE/TAKUYA.K a.k.a. Inter Selecter

Bonds with Designers

high fashionで知りましたが、三越と伊勢丹で今年もチャリティTシャツを受注販売するようです。三越が5月27日、伊勢丹が5月28日から発注受付開始。配送が7月中旬以降だそうです。約40名のデザイナーが参加するようで、一部のデザイナーのデザインが掲載されていました。

ここから全然違う話に飛びますが、Gap pressやFashion Newsなどの雑誌に来期のコムデギャルソン関係の写真はほとんど載って無いですね(high fashionには一部載っていましたが)。読んでいてというか、探していて気付いたのですが。たぶん意図的に載せていないのかなと…自分の見落としでなければ。。