This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Burberry 20SS Collection

3シーズン目を迎えたRiccardo TisciによるBurberry 2020年春夏コレクション。
キッチュな混乱が続いていた過去2シーズンに比べれば、テーラリングにフォーカスした今回のコレクションは改善が見られたでしょうか。

継続となるベージュを基調としたカラーパレットに、インサイドアウト・テーラリング。グレー・ジャージーの滑らかな質感に、タッセルフリンジ付きのアニマルモチーフのシルクスカーフ・ドレッシング。カジュアルとフォーマルの間に橋を架けるロングカフスのストライプ・シャツワンピース。コート・ジャケット・ドレスにモーフィングしたトレンチウェア。ギンガム、ボーダー、ゼブラのパターンに、ロゴバッグ。膝上で曲線を描くヘムラインスカート。Thomas Burberryが会社を興したヴィクトリア朝時代の影響を受けるジゴスリーブ・ドレープに、コルセットやレースのドレスを加えて。

ランウェイをAgyness Deynが久しぶりに歩いていたのは目を惹きましたね。彼女は、House of Hollandというか、UKのイメージが惹起されます。

Riccardo Tisciのシグネチャーとなるものは宗教性とゴシックをベースにしたテーラリングやドレス、そして、マッチョなストリートウェアやギャングカルチャーですが、それらとBurberryの持つノーブルなブリティッシュエレガンス、ブリティッシュロックやストリートウェアといったカルチャーが不和を起こしているというのがこれまでの流れと言えるでしょう。これらのことは、彼がBurberryのデザイナーになると知ったときに最初に思い浮かんだことであります。彼は、時に死の影を感じさせるシリアスなデザインが得意であり、英国的なウィットに富んだテイストやオプティミスティックで(分かり易い)艶のある方向性のデザインは相対的に不得手なのですから。

ブランドをオーバーホールし、全てを自分色に染められるならまだしも、英国を代表する歴史あるグローバルブランドのコンテキストに沿わせつつ自身の不得手な領域でクリエイションを行うという決断はチャレンジングではありますが、少なくとも現時点においてステートメントを発することも新しいヴィジョンを示すことにも成功しているとは言い難いでしょう。
ロンドンに住み、ロンドンで暮らすことでブリティッシュ・スタイルを理解しつつある、と彼は話していますが、キーとなるのはそれがいつどのように結実するのか。

Burberryのデザイナーが負う使命は、ブリティッシュネス(英国性)の再定義にあります。
Brexitの期日が迫る先行き不安なこの時代に、進むべき道を光で照らすこと。新しいものが生まれる前に混乱が訪れることはありますが…さて。

via vogue.com wwd.com vogue.co.uk nytimes.com businessoffashion.com tFS

Fabien Baron: Works 1983-2019

BoFでTim Blanksが書いていますが、60歳を迎えたFabien Baronの過去36年間の集大成となる作品集"Works 1983-2019"が10月に出版されますね。自分は少し前に予約済ですが、Amazon.co.jpでも予約できます。

ブランドのADキャンペーンからロゴデザイン、書籍や雑誌のエディトリアルといった彼のアート・ディレクターとしての集大成となる作品集でありますが、Tim Blanksの記事の中でこれで終わりなのではなく、新しいドアを開くようなもの、と話していますね。作品集には年表が無いとのことで、各作品がシームレスに繋がっており、「私がしていた全てのことは相互に関連していたのです。それは一つの考え方でした。私のこれまでの経緯の要約よりも、そのパースペクティヴで(作品集を)つくりたかったのです。」と説明しています。

他に、ティーンだったKate Mossを含むSteven Meiselによる1994年のCalvin Klein CK OneのADキャンペーン、1992年の同じくSteven MeiselによるMadonnaの書籍"SEX"、パリの有名なクリエイティヴ・ディレクターであった父親との確執、Vogue ItaliaのFranca Sozzaniとの関係性、Interview Magazineでの仕事と解雇などについて話されていますね。
Patrick DemarchelierによるLinda EvangelistaとGlenn O'Brienによる"Enter the Era of Elegance."というコピーを特長とした1992年9月号のHarper's Bazaarのデザイン。Liz Tilberisに雇われた彼によると「Vogue Italiaはファッションマガジンのためのグラフィック表現の新しい形式だったが、Harper's Bazaarは背後により本質を伴ったものでした。」と話しています。

"It's a representation of who I am as a person, not just someone people know through magazines,"と説明してるように、彼の人生の作品集になっているようなのでマストバイといったところでしょうか。

Once Upon a Time in Fashion

コレクションブランドにおけるランウェイショーのライヴストリーミングはゼロ年代後半から始まり、ちょうど10年程度の時間が経過している。
ハイファッションのデジタル化は、業界人のためだけだったランウェイショーをAppleがiPhoneを発表するかのようにカスタマーへのプレゼンテーションにスライドさせ、そこからECサイトに接続することで"See now, Buy now"のライヴコマースとして結実する。

そしてその流れは、更にチケット販売形式のパブリックショーへと進行する。ショーピースは、さながらアーティストのライヴグッズのようであり、ショー自体もライヴオークションやTVショッピングの実演販売のような様相を呈す可能性を帯びる。エクスクルーシヴなランウェイショーの神秘性は失われ、コマーシャライズによって換金されていく危険性を孕む。

ゼロ年代はハイブランドのデザイナーがファストファッションとコラボレーションを行った時代でもあり、デジタライゼーションと同時にハイファッションにデモクラタイゼーションを促す。オフィシャルサイトや影響力を持つデジタルメディア、ファッションブロガーや黎明期であったSNSを通じて情報が流通する。よりハイファッションが身近になり、著名デザイナーとファストファッションとのコラボレーションアイテムは、その世界に接することができたかのような幻想を多くの消費者に与え、未来の顧客を胚胎する。

ブランドの成長を託された才能あるデザイナーによってデザインはストリートカルチャーをインスピレーションソースとして取り込むことで、よりカジュアルでリアリティのあるウェアラブルな方向へと傾斜していく。ストリートというフロンティアをエンジンに、クリエイションとビジネスが回り始める。デフィレでは目を惹きつつも日常使いできるような、そんな矛盾したアイテムを顧客は求め、経営陣も話題性を集め、定番となるようなアイテムでビジネスとしての結果を求める。
遠い世界にしか存在しなかったハイファッションが少し手を伸ばせば手が届く地続きの場所にあり、彼/彼女らの日常に非日常として光を射す。

20世紀半ばを起点とするオートクチュールからプレタポルテへという転換。厳格な規範からの自由と解放を求めた既存のコードの書き換えと改変。記号と意味の操作による新しい概念の創出と時代の創造。限られた顧客のためだけでなく、より多くの開かれた顧客のために、大義の名の下のビジネスの正当化と拡大。フォーマルからカジュアルへ、秩序から無秩序へ、大局的な軟化の流れに沿うデモクラタイゼーションは、そのビジネスの帰結として、いつしかポピュリズムへと変質しつつある。ここ数年の緊張から弛緩へのシルエットの変化は、この流れに沿う。

一方、デジタライゼーションが齎したもう一つのものとして身体性の縮減がある。デジタル化によるコミュニケーションの間接化と非同期化。テクノロジーの進歩による人間の活動自体が効率化・省力化されていく流れは身体性の縮減を促す。身体性の喪失は、身体に纏う服の重要性を必然的に縮減させる。ファッションがローカルなアバターであり、スキンであった時代から、オンラインでのSNSがそれらを代替する。オフラインとオンラインではリーチする数もリアクションを得る速度も全く異なるため、即物的なオンラインが必然的に選択される。

そういった身体性の縮減に対するバックラッシュとしてヨガや筋トレ、ダイエット、または、タトゥーのように身体性を伴ったものが散発的に社会に発露される。アスレジャーのようなものも同様の文脈で捉えると理解がし易い。いずれも身体性の再発見がキーワードとなる。

ライヴストリーミングから始まり、デジタライズとデモクラタイズに引き付けて簡単に概括すれば以上のようになるだろうか。もちろん、ある主観的な断面に過ぎないが。権威や神秘性を保ちつつ、クリエイションはデジタライゼーションやデモクラタイゼーションと上手く付き合い、持続可能なビジネスを回していくということが基本になると言えるでしょうか。

Ann Demeulemeester's first foray into homeware "returns to the essence of things"

Seraxとアンのコラボレーションについて、Wallpaper.comにも記事が出ていますね。
羽飾りと明暗コントラストに差し色として朱色が入っているのが彼女のポエティックなコレクションを思い出させます。

土、水、火といった古典的な要素に目を向け、人類最古のクリエイション形態の1つで実験をしているアン。
粘土彫刻の立体性は彼女の創造的な欲求のナチュラルな継続であり、磁器とガラスを創造的な言語として使うことを夢見ていたとのこと。

Le CorbusierによるMaison Guietteには彼女の息子であるVictorが今は住んでいるようですね。

Cultural Appropriation

Johnny DeppをフィーチャーしたDiorのメンズフレグランス"Sauvage"において、ネイティヴ・アメリカンのダンサーを起用した最新キャンペーンが「文化の盗用」として非難を浴びているようですね。結果、金曜にSNSに投稿したキャンペーンの投稿を数時間で削除することになったとのこと。

BoFで書かれているように、Diorは2018年11月に展開した2019年クルーズコレクションのキャンペーンにおいても、メキシコをテーマとしたコレクションにも関わらず、非メキシコ人のJennifer Lawrenceをフィーチャーしたことで非難を浴び、また、今年4月にモロッコのマラケシュで行われた2020年クルーズコレクションでは、アフリカの植民地支配の歴史からコレクションが文化の収奪として非難を浴びています。

2020年クルーズコレクションに関しては、Vanessa Friedmanが指摘するようにMaria Grazia Chiuriは文化の盗用のリスクを事前に理解しており、そのエクスキューズとして、ファブリックとしてアフリカンワックスを用いるためにUniwaxと、他にもイギリス人の母とジャマイカ人の父を持つイギリス人デザイナーのGrace Wales Bonner、アフリカ系アメリカ人であるアーティストのMickalene Thomas、そして、アフリカ人デザイナーのPathe Ouedraogoとコラボレーションを行い、Dior側の一方的な解釈にならないように配慮をしています。ただし、アフリカンワックスの歴史にもいろいろと問題が内包されていますが。

そもそもChanelやDiorがクルーズやプレフォールにおいて、世界各国の都市と文化に共鳴したコレクションを発表するのは近年の状況を考慮するとかなりハイリスクと言えるでしょうか。"Cultural Appropriation"をGoogle Trendsで調べてみると分かりますが、このキーワードは2013年頃から徐々に検索ボリュームが増加し始め、年々人々の関心を集めていることが分かります。ちなみに、tFSには2011年に立ったスレッドがあったりしますね。
こういった現状を踏まえると、世界中を飛び回ってコレクションを開催する行為は文化を収奪するために世界中を飛び回っていると受け止められてしまうリスクがあるでしょう。クリエイションは時代と共に変化することが求められますが、こういった部分も再考すべき時期に来ているのかもしれません。

話を戻して今回の"Sauvage"の件ですが、ネイティヴ・アメリカンというのはそもそも可燃性が高く、Victoria's SecretのショーやChanelも2013年12月にアメリカのダラスで行われた2014年メティエダールコレクションにおいてネイティヴ・アメリカンのヘッドドレスを用いて物議を醸し、謝罪しています。
"Sauvage"のキャンペーンに際し、ネイティヴ・アメリカンの権利の保護と促進を目的としたAmericans For Indian Opportunityと協力したというエクスキューズがあったようですが、結局は受け手側にその論理は通用しなかったようです。

Vanessa Friedmanが昨年末に書いているように、ファッション業界のスピードは年々早くなっており、新しいものを今すぐマーケットに投入しなければならないプレッシャーやコレクションをハイペースで回していく必要があるため、こういった問題に対するチェック機能がファッションハウス内に存在したとしても機能し辛い傾向があるでしょう。

文化の盗用での炎上を機に、H&MはCDO(Chief Diversity Officer)を新しく雇ったようですが、それは単なる対症療法という意見には同意ですね。解決策についてはいろいろと議論がされていたりしますが、現時点では着地点が見えず、そう簡単に解決される問題ではないことが分かります。
Vanessa Friedmanが言うように、それはビジネス、企業、クリエイティヴのあらゆるレベルで対応が必要な問題であり、誰か個人の仕事なのではなく、全員の仕事の一部という意識が必要であることに疑いはありませんね。