This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Louis Vuitton 20-21AW Collection

ルーブル美術館の中庭でNicolas de Grignyの"Recit de tierce en taille"からインスパイアされたBryce DessnerとWoodkid(Yoann Lemoine)による"Three Hundred and twenty"、そして、Catherine SimonpietriによるSequenza 9.3のヴォーカル・パフォーマンスをサウンドトラックに、15世紀から1950年代までの衣装を着た200人をバックに披露されたNicolas GhesquiereによるLouis Vuitton 2020-21年秋冬コレクション。

Stanley Kubrickの"Barry Lyndon", "A Clockwork Orange", "The Shining"、そして、Sofia Coppolaの"Marie Antoinette"などの衣装を手掛けたMilena Canonero。そして、5月からメトロポリタン美術館で行われる予定のLouis Vuittonが後援するコスチュームインスティテュート・エキシビジョン"About Time: Fashion and Duration"を主題に据えたコレクションは、タイムレス、エイジレス、ジャンルレス、ジェンダーレスに異なる文化やキャラクター性をミックスしたブランド・シグネチャーの時間旅行として進行する。

カラーブロックされたモーターサイクル・グラフィックジャケットやレーシングスーツに、レザーやチュールのボリューミーな多層性スカート、ボレロやピンストライプ・テーラリングを組み合わせ、ドレスコードの時間圧縮とランダムアクセスによってスタイルの衝突を意図的に引き起こす。スポーツウェアやストリートウェア、モーターサイクルウェアとエレガンスの並置。Nicolas Ghesquiereが車の改造を引き合いに出して「サルトリアル・チューニング」と呼んだ今回のコレクション。彼は更に「それはジャンルのアナクロニー(時代錯誤。時代の流れに逆らうもの。)のようなものです。プロトコルや制約のない純粋にドレッシングの喜びとその多くの可能性に関するものです。」とコレクションを説明する。

歴史性と現代性を混ぜ合わせたタイムトラベル・パナシェ。スタイリングに主軸を置いたアンチ・トータルルック。描かれる女性像のアブストラクトな流動性とコントラディクション。

在りし日のBALENCIAGA by Nicolas Ghesquiereを惹起するリミックスコレクションは意図された混乱を内包したものでしたが、ソフィスティケイションやエレガンスよりも実験性とカジュアルウェアに傾斜していましたね。トップスとボトムスの二分法を基本としたものでしたが、もう少し追加のアイデアが必要であったでしょう。軸足もスタイリングよりデザインに置くべきだったかなと。カラーパレットもコントラストが低く、全体的にくすんだ印象を受けます。

「旅」という概念は同ブランドがバッグに持つアイデンティティであり、何度も再訪され、顧客に発せられる概念であります。ウェアにアイデンティティを持たないブランドは、当然、その周囲を概念流用によって周回することになり、主従関係が必然的に決定します。

ウェアにアイデンティティを持たないブランドにおいて、ウェアにアイデンティティを持たせることの困難さ。バッグを売るための巨大なシステムからの脱却は鍵のかかった箱の中に鍵があるような状態であり、そのタイムパラドックスを解くことがこのブランドのデザイナーに課せられた使命であると言えるでしょうか。

via vogue.com wwd.com vogue.co.uk nytimes.com businessoffashion.com tFS