This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Kris Van Assche in Conversation with Brian Rochefort

Kris Van AsscheによるBerlutiとロサンゼルスを拠点に活動しているセラミックス(陶磁器)・アーティストのBrian Rochefortが、2021年スプリングコレクションにおいてコラボレーションを行うと発表されていましたね。
パリとロサンゼルスをデジタルで結んだロングディスタンス・コラボレーションによってCOVID-19のこの状況に適応するとのこと。コレクションはウェアとアクセサリーから成るようですが、生産が遅れているため、一部しかお披露目できていないようです。

「ここ(Berluti)で2年を経て、私はもう一人の人を招待する準備ができていて心地良く感じていました。これまで私は自分の個人的なスタイルとブランドのDNAのバランスを見つけ、リファインすることに集中してきました。そして、1月の最後のショーの後、すぐにブライアンに連絡し、次のランウェイショーをやることにしたところ、この惨事(COVID-19)が起きました。」

以前からクリスは自身のクリエイションを中核に据えることの重要性を説いており、AD Campaignやモデル等の話題性によってクリエイションが歪んでしまうことを忌避してきましたが、その漸進的な成長の次のステップとして、Brian Rochefortとのコラボレーションを選択したタイミングで運悪くパンデミックが起きてしまったようです。つまり、パンデミックによる不況のためにコラボレーションを企画したということではないということ。

「ブライアンの作品にはとても感心しています。私は伝統的なフランスの陶磁器(純粋で完璧で滑らかで伝統的。)から始めて、何年も陶磁器を集めてきました。でも、少しずつ、より現代的な形や、より自由なことをしているアーティストを知っていきました。そして、ブライアンは私が出会った中でも最も型破りな陶芸家です。彼は陶芸のバッドボーイです。」

火山の噴火の影響を受けたBrian Rochefortの原始的で不確実性を含んだ噴出物の泡の造形美。それらをシルクシャツや靴のパティーヌと組み合わせたコラボレーション・アイテム。

1月からは、より小さなコレクションを計画しており、3週間に一度の頻度のデリバリーでブランドの鮮度を高める予定であるとのこと。その一方で、シーズンを超えたBerluti Classicsのコアコレクションを開発しており、クラシックス・コレクションの上に鮮度感のあるコレクションが乗る2段階構成を考えているようです。

「デジタルで撮影されたファッションショーをやりたくありませんでした。つまり、私はファッションショーが大好きですが、ヒューマニティ、リアリティ、エモーション、ランウェイ・ステージ、音楽のためにそれらを愛しています。そして、あなたが男の子と女の子が着ている服を見ているという事実。その感情をビデオにトランスレートできるとは思いません。しかし、実際のファッションショーにおいてできないことは、物事がどこから来たのかというバックストーリー、情報を伝えるということです。(今回のコラボレーションを見た)人々は「それは素敵なプリントを使ったカラフルなコレクションでした。」と言います。だから、今回初めてその情報(コラボレーションの情報)を先に伝えて、結果を提示することができます。通常、私は制作中の作品を見せたくはないのですが。」

何の予備知識も無しに世の中に作品を提示することになるファッションショーは、受け手側の知識量にその解釈は依存します。あるアーティストとのコラボレーションやある意図を持った作品だったとしても、それに気づけない受け手は大勢いる訳であります。
今回は、アイデアや背景を先に明かした上で作品を提示するという普段とは逆になっているということですね。

「いつも私は、人々はキッチンで何が起こっているかを知る必要がないように感じています。でも、今回の会話の撮影は気持ちが良く、ブライアンの仕事振りと私の仕事振りはとても上手く接続しました。」