This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Interview with Raf Simons by Cathy Horyn - The Lost Season

Cathy HorynによるRaf Simonsのインタビュー記事。5月に彼らが話を始めたとき、世界の多くはCOVID-19によって閉鎖されていました。

「例えば、ファッションではデザインチームや他のマーケティングチームのようなコマーシャルチームと仕事をしたりします。あなたはそれに関わり、それはまだ進行中ですが、そのやり方があなたの好きなやり方ではないことを知っています。しかし、あなたはそれを行います。それが何かは分かりませんが、何かがこのシステマチックな種類の行動にあなたを惹きつけます。それについて話すのはほとんど退屈です。いつ表示するか。どうやって表示するか。そして、それをどのように構築するか。私たちが今行っていることは、全て馬鹿げたタイムラインに従っています。そして、大抵はあなたが言いたいことについてではありません。おそらく、2年ぐらいショーをしなくても問題はありません。」

以前からラフは何度も公言していますが、彼にとってファッション・システムとは退屈な何かでしかないということですね。パンデミックによって今までのようなスケジュールでビジネスが回らなくなったとしても、彼にとっては大した問題ではありません。彼がファッション業界で活動し始めた時、彼は世の中に対して言いたいこと(表現したいこと)をただ持っているだけであったのであり、重要なことはそこにあります。

ラフは若いデザイナーに対して服だけではなく、もっと大局的に物事を考えて欲しいと願っているとCathy Horynが書いています。ラフはそれがどれほど難しいかを知っていますが、それでも若いデザイナーにはファッション業界の規範に挑戦することを望んでいます。

「古い世代はシステムを変えたいという思いを持っているかもしれません。今はそこかしこで、"Change the system, change the system."という言葉が現れています。」しかし、たとえあなたがブランドの意思決定者であったとしても、何を望んでいるかは関係がないと彼は言います。「これらの決定はもうあなた一人ではできません。他の多くのものとのしがらみがあり、それらを振り払うことができなくなっています。」
直近ではDries Van Notenらが5月にオープンレターを出していたりしましたが、利害関係のしがらみがあり、業界の一部の人たちがシステムの変更を望んだとしてもそれは実現しないということであります。

ラフのシグネチャー・ブランドのCEOであるBianca Quets Luziとラフは2021年春に何ができるかを協議し、アーカイヴの復刻を決定しましたが、これはパンデミック下のプロダクト生産の難しさと、ブランドの25周年という理由によるものとのこと。
「私たちは皆、このファッション・システムの中にいるので多くを作り過ぎています。そして今、私たちは経済的な理由によってそれらを少なくせざるを得ない状況にあります。」と彼は話し、「ある意味で、それは素晴らしいことです。」と言う。

NYTimesのファッション評論家であり、キャシーの友人で同僚であったAmy Spindler(2004年に40歳で亡くなった。)とのエピソードをラフは話す。
「私は一度だけ彼女に会いました。そして、それはショーの後でした。私たちはディナーに行きました。私たち以外にも他に人がいました。私はショーか何かの批評に打ちのめされていました。そして、彼女は言いました。"あなたは目を覚ます必要があります。あなたはそれが食物連鎖であることを理解しなければなりません。あなたが存在しない場合、私たち全員が存在しません。私たちはあなたがすることについて書くからです。ショップはあなたがしていることを売ります。したがって、あなたがアクティベートしないとすべてが存在しなくなります。"」

ハイファッションの中心にはデザイナー個人とそのクリエイティヴィティがあり、食物連鎖によって業界は成り立っています。

「私はそれについて益々考えました。強力なクリエイティヴ・マインド(デザイナー、すべての出発点である個人を意味する。)が無くても(ブランドは)存在し、運営できるという明確な証拠があります。それは完全に存在することができます。そして、人々はそれを食べています。購入者はそれを食べているだけです。」

ラフがそう言うとキャシーは、「はい。でも、ランウェイで面白いことを止め、売り上げを維持するために計算をしているだけのブランドは、結局、そのプレステージが衰え始め、その後、そのブランドにはより優れた才能(あるデザイナー)を齎すことになります。それがよく起こるのを見てきました。」と返答する。

「私は100%同意しますが、それはハイファッションがニッチなものだと言っている場合に限ります。ハイファッションは決して大衆を取り扱いませんでしたが、それは民主化されました。ハイファッションがポピュラーカルチャーになることは決してありませんでした。そして、私の意見では、ハイファッションは全ての人のためのものではあり得ません。それは成立しません。それが今起きていることに繋がります。これはコロナウイルスとは何の関係もありません。クリエイティヴなしで存在できる可能性につながります。それはすでに起こっています。」

「特定のデザイナーやライターは、知的、文化的、そして、感情的な観点から世界の物事にアプローチします。しかし、私たちを取り巻くブランドはそうではありません。純粋に経済的な観点とマーケティングからです。それはとても数学的な考え方です。ファッションビジネスには常に両方の要素がありましたが、もはや正しいバランスが取れていません。この現状が新たな常識になりました。しかし、それで良いのでしょうか?DiorやCalvinでやっていたようにショーはすべてとても大きくする必要があるのでしょうか?Nicolasと彼の大きなショーは?Demnaは?全体は本当にパッケージ化されています。」

ハイファッションの民主化とマーケティングによるある種の大衆操作がクリエイティヴの不在を正当化し得るという話をラフはしています。

「結局のところ、世界は非常に異なる世界に分割されると考えています。反乱を起こして新しいシステムを構築する必要があるのは、若い子供たちです。問題はほとんどの若いデザイナーがシステムに参加したからといって成功しないということです。」

キャシーが「それは真実ですが、多くの人々はファッションの世界に入ってきます。」と言い、「アートや映画、音楽を見てください。なぜファッションでそれが起こらないのでしょうか?」と問う。

「あなたが革命的なものを目指していると感じます。しかし、ファッション革命の本質は、それが私たちの知らない誰かから来ているということです。一部は受け入れられ、一部はリジェクトされていますが、脇に押しのけられるものではありません。それは私たちが知っているよりもはるかに多くの意味と内容を持っているからです。」

7月までにラフはミラノに引っ越し、Miuccia Pradaとアイデアを出し始めました。ラフはコレクションや作業プロセスについてインタビューでは何も話しませんでしたが、「彼女(ミウッチャ)は全てに疑問を持ちます。」とだけ話したとのこと。キャシーはミウッチャが全てのものに疑問を持って再考するという性格であることが他のデザイナーとMiuccia Pradaとを区別するものなのだろうと書いています。

Black Lives Matterとファッションの多様性の欠如についてキャシーが質問すると、ラフはCEOのBianca Quets Luziと地元で何ができるかについて話し合っていると答えた。1つのアイデアは、白人以外の高校生にデザインカレッジへの進学を奨励するという取り組みでした。過去、Raf Simonsでのインターンシップに応募した学生や卒業生は白人であり、ヨーロッパでは有色人種の若者がデザインを志すことが可能だと考える人が少なすぎることを示唆しています。

「私はブランドが常に完全なオープンネスとダイヴァーシティを支持してきたと考えています。」とラフは話し、「私はこれらが未だに世界の問題であることに驚いています。アンチ-ゲイ、アンチ-ブラック、これらすべての否定的なこと。それは非常にオープンな世界でなければなりません。」と続ける。

ファッションの未来の可能性についてラフは「今、ファッションは非常に攻撃を受けています。」と言い、「そう思う部分もあればそう思わない部分もありますが、すべての問題を解決するためにファッションは世界に存在している訳ではありません。しかし、一方で…。」ここで彼は一時停止する。
「私たちのオーディエンスが必要とするものは何ですか?ファッションについて考え始めると過去5ヶ月間、家で過ごした酷い時間を思い出したくない人々がたくさんいるはずだと思います。しかし…。」彼は躊躇う。
「それはとても個人的なものなので、妥当かどうか分かりませんが、私は家でイージーなジョガーとフーディーを着ていました。しかし、それが今のファッションはイージーで快適であるべきであるということを意味するとは思いません。」

「私がよく考えていることは、(それはしばしば頭に浮かぶことですが)人々が長期間保持するものをつくることです。それは私自身のブランドにも当てはまることです。コレクションが長続きするのは、あなたが良いストーリーやナラティヴを語るからではありません。」

「私が感じているのは、(パンデミックによって)私たち全員がシステムからシェイク・アウトされたということです。そして、それは最も歓迎されることです。非常に多くの問題はありますが、同時に、何でも可能だと考えるようになることもあります。」