This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

自発性と創造性

「原稿料安いからやーめた(烏賀陽弘道)」は、新しい世界の縁に飲み込まれる叫び

自発性が無いものには、ほとんど意味が無い、って言うと言い過ぎだろうか。
会社での仕事や、学校での勉強、ボランティアなど、自発性があるかないかで大きく違ってくるなぁと。モチベーションって言い替えてもいいけど。
例えば、学校(会社)で教師(上司)が生徒(社員)にプレッシャーをかけて育てようとしたりするが、そういうやり方で伸びるのはある程度までで、往々にして教師(上司)の自己満足で終わる可能性が高い。好きこそ物の上手なれって言葉がある通り、自発性が無いとダメだろう。周りからどうこう言われる問題じゃないってことだ。そして、(優秀な)教師や上司はそういった環境を提供する立場にあるような気がする。もちろん、(優秀な)生徒や社員はそういった場所を探して動くだろうけど。
優秀な人間は自分で自分のことをマネジメントできる。そして、自分で自分のことを追い込んで能力を高める。そして、高いモチベーションが創造性に繋がる…ってことか。
AKIRA(大友克洋)のなかで人間の持つエネルギーはどこから来るのかってセリフがあって、その部分がなんとなく印象に残っている。

posted by PFM