This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Chanel 19-20AW Haute Couture Collection

2月に逝去したKarl Lagerfeldの後任として5月のクルーズコレクションに続き、今回がクチュールコレクションのデビューとなったVirginie ViardによるChanel 2019-20年秋冬オートクチュールコレクション。

Grand Palaisにセットされたプライベート・ライブラリーは、Coco Chanelが日中過ごしたと31 rue Cambonのアパート(夜はRitzで過ごした。)にコレクションされていた書籍とKarl Lagerfeldのお気に入りの書店だったパリのLibrairie Galignaniの書籍をミックスしたもので、StendhalやGustave Flaubert、Jean-Jacques Rousseauなどが並ぶ。カールのスタジオにも大量の書籍があったのが思い出されますね。

ボタンをアクセントにしたスリットの入ったロングコートに、ウエストラインがシャープな細身のクロップド・ジャケット。グリーンのツイード・オールインワンにはホワイトのウエストベルトを合わせ、スパンコール・ボレロジャケットはツイードに擬態される。ボタンと同様に上下組みのシンプルなLookの中にアクセントを与え、リズムとバランスを取るために用いられるカフスやジャケットのラペル、フラップポケットの切り替えし。パフやラウンドショルダーといった丸みを帯びたシルエットに、オフショルダーやストラップレスのドレスを加えて。

ブラックを中心にしたカラーパレットで展開されたデフィレ後半のイヴニングパートは、光沢のあるベルベットやシルクサテン、透け感のあるシフォンにドレスの柔らかいドレーピング、そして、そこに華を添えるフェザーが目を惹く。クローズはブライドではなく(よくカールがモデルと一緒にウォーキングしていたのが思い出される。)、ピンクのシルクローブ。

シューズはボウタイの付いた白黒ツートン・パンプスとブラックのフラットシューズ。
Sam McKnightによる後ろに垂らしたポニーテールのへアスタイル、野暮ったさを僅かに残した太めのアイブロウにメタルフレームの眼鏡は、図書館に通うような小説や詩を好む女性をイメージしたもの。

ステージセットに合わせた落ち着いたコレクションは、Suzy Menkesが書くようにカールに対して喪に服した印象を与えるでしょうか。クルーズもそうでしたが、新しい提案はほとんどなく、tFSでもコメントされているようにカールのコレクションに倣っている感があります。

Chanelのクチュールコレクションは、4つの専門のアトリエによって作成されている。2つはJosette PeltierとJacqueline Mercierが率いるジャケットなどのテーラリングを主とした"tailleur"、残り2つはOlivia DouchezとCecile Ouvrardが率いる柔らかいドレスなどを主とした"flou"と呼ばれている。

通常、新しいデザイナーが着任した際は、数シーズンの経過の中でアトリエや社内のメンバーとのコミュニケーションや、自身のクリエイションスタイルを擦り合わせていくことになるが、Virginie Viardはカールと長年(Chloe時代を含めると30年以上)仕事をしてきているので、こういったアトリエのメンバーとも(関係性が変わったとは言え)既にある程度は息が合っていると言えるでしょう。

問題はKarl Lagerfeldのスケッチを翻訳し、現実の世界に具現化する役割だった立ち位置から、自身がゼロから何かを生み出さねばならぬ役割に立ち位置が変わったことにある。神託を授かる側から授ける側に。

109年のブランドの歴史の中で初めて昨年から公表されている財務状況のレポートによれば、2018年のChanelの売上高は111億ドル(これはLouis Vuittonに迫るレベル。)で利益は約30億ドルに上り、世界中で25,000人以上の従業員を擁する。財務状況の公表は透明性の確保や時代の流れによるものと説明されており、ブランドの売却や株式上場の憶測は否定されている。

Karl LagerfeldがChanelのデザイナーに着任した時、"When I took on Chanel, it was a sleeping beauty. Not even a beautiful one. She snored,"と彼は説明している。Chanelのその眠った美しさに気付いたKarl Lagerfeldは生涯現役という自身の言葉を有言実行し、在任期間中の36年間、ブランドの推進力の源泉としてそのクリエイティヴィティを発揮した。

Virginie Viardがどこまで変化を起こせるのか、という部分に今のところ個人的に疑問があるが、時代の流れは思っているよりも早く、過去と同じことを繰り返しているだけでは早晩、Chanelはまた眠りにつくことになるでしょう。ChanelのオーナーであるAlain and Gerard Wertheimerも年齢的な問題があり、今後のChanelの行き先には不確定な部分があるのは確か。
創造的な自由という観点からAlain and Gerard WertheimerとKarl Lagerfeldの関係性は理想形に近かったと言える。もちろんそれは、Chanelが非上場で目の前の意味のない短期的な数字を追う必要がないことにあり、結果としてビジネス的な成功が後からついてきたことにある。

Hamish Bowlesが評するように、現在のChanelというブランドはCoco ChanelとKarl Lagerfeldの二重螺旋のDNAを持つ。その豊かなアーカイヴを用い、物怖じせずにビッグメゾンを率い、変化を恐れぬ勇気を持った現代に沿った新しいストーリーを描けるデザイナー。そんな芸当ができそうなデザイナーは個人的に数えるほどしか思い浮かばないが…。

コレクションを見ていて感じるのはKarl Lagerfeldを失ったことの喪失感とその寂寥感であって、いつまでも当たり前にそこにあると思っていたものが無くなってしまったんだなということですね。

via vogue.com wwd.com nytimes.com businessoffashion.com

Comme des Garcons Homme Plus 20SS Collection

Virginia Woolfが1928年に発表した"Orlando"は、Karl Lagerfeldのお気に入りの小説であり、先日、パリのGrand Palaisで行われたカールをトリビュートするためのイベント"Karl For Ever"においてTilda Swintonが演じた役柄である。Tilda Swintonは1992年のSally Potterによる同名の映画においても同じ役柄を演じており、また、7月11日まで彼女がキュレーションした同名の写真展がニューヨークで開催されている。

12月にウィーン国立歌劇場で上演するOlga Neuwirth(150年の歴史を持つウィーン国立歌劇場における初の女性作曲家。)によるオペラ"Orlando"の衣装を川久保玲が手掛けることが報じられたが、今回のComme des Garcons Homme Plus 2020年春夏コレクションのテーマも"Orlando"。川久保によればそれは"Transformation and liberation through time."とのこと。時間(歴史)の経過に関するジェンダーやセクシャリティの変容とその解放に関する調査がコレクションに存在する。

尚、川久保の説明によれば、今回のコレクションが第一幕であり、第二幕が9月に行われるウィメンズのショーとなり、第三幕が12月のオペラの衣装になるとのこと。

キルティング・ノーカラージャケットに真珠のネックレスとジュエリープリント・カットソー、レースシャツに階層化されたスカート、多用されるフラウンスにフェイクレイヤードのボリュームスリーブなど、エリザベスやヴィクトリア、エドワードといった16世紀から18世紀前後のフェミニン・エレメントをテーラリングの男性性にミックスすることでジェンダーの揺らぎを企図している。
性差の境界線を無くした各Lookはプリュスとしてはお馴染みといったところ。さり気無く足元を飾るスニーカーがNikeとのコラボレーションとなるAir Max 95というのも、急に歴史の世界から現代に引き戻された感じがして面白いだろうか。

via vogue.com wwd.com businessoffashion.com

Berluti 20SS Collection

パリにあるリュクサンブール公園の温室を会場に、Jean-Luc Godardの"Alphaville"の詩を読むAnna KarinaのオーディオクリップとAnne Clarkの"Elegy For A Lost Summer"をミックスしたFrederic SanchezによるサウンドトラックによってショーをスタートしたKris Van AsscheによるBerluti 2020年春夏コレクション。
メタリックディティール付きのAlessandroオックスフォードや、ヘムにスリットジッパーの付いたスラックスなど、コレクションは2019-20年秋冬シーズンからの継続としてワードローブを拡張し、その特質を増幅する。

ヴァンアッシュのサインであるクリーンで切れ味の鋭いシャープなテーラリングは、春夏シーズンらしくスリーブレスで、サマーブリーズに軽やかにその身を揺らす。可愛らしい表情を見せるローゲージのサマー・ホワイトニット、パンチングレザーのフーディーブルゾン、パティーヌはステインからペインティングの滲み絵へと深化し、メゾンのシグネチャである手書きのスクリットはグラフィックとして多くのアイテムの表裏縦横を飾る。

全身にドットのようにネイルヘッドが打たれたLookは、イタリアのフェラーラにあるBerlutiのファクトリー"Manifattura Berluti"の靴職人が口に釘を咥えて靴をつくる姿からインスピレーションを受けたもの。「それはアトリエの人々がピンを口に咥えていたようなものです。フェラーラは本当に私のアトリエです。この技巧は通常、(靴の)表面下にあります。しかし、それをアウトサイド化し、装飾として使いたかったのです。なぜなら(職人の技巧は)このブランドの一部だからです。」とヴァンアッシュは説明する。

テーラリングのハ刺し等を表面化させ、アトリエの技巧をクリエイションに取り入れたDior Homme時代と同様に、Berlutiにおいても職人たちへの敬意と絆を見ることができる。

サンライトイエロー、オレンジ、パープル、ブルー、シルバーグレーにパッションピンクからミントグリーンまで、高彩度の配色からDior Homme時代に見せたバーガンディのような繊細な色使いを含んだカラフルなカラーパレットはデフィレのテンションを上げ、多くの華をランウェイに咲かせる。Piergiorgio Del Moroがキャストしたメンズからウィメンズ、若者からシニアまでの多様な人種によって構成されたモデルたちは、コレクションの漸進主義的拡張とカラーパレットの広がりと同じくダイバーシティの歌を歌う。

Lynsey AlexanderによるメイクアップはウィメンズのLookが示すようにナチュラル仕上げであり、Anthony Turnerによるヘアスタイルはウェットな質感のオールバックで夏の気分をステージに運ぶ。

「それがメンズブランドであることに疑いようはありませんが、誘惑と戯れることでBerlutiの男性像を私が以前取り組んでいた男性像よりもセクシーにするのも良いのです。これは明確により大人で、よりセクシーです。それは誘惑と美しさに関するものです。」と今回のコレクションに関してヴァンアッシュは説明する。多くのウィメンズモデルのキャスティングに関しては、「世界は美しさを必要としているので、世界で最も美しい女性を連れてきて。」とPiergiorgio Del Moroに依頼したと言い、「強い女性が男性の背後にいると思いたい。」のだとその意図を語る。

Natasha PolyやLiu Wen、そして、Gigi Hadidがオーストリッチ・フェザーのテーラリング・セットアップでショーをクローズしたように、LVMH唯一のメンズウェア専門のハイエンド・ラグジュアリーブランドであるBerlutiにおいて、ウィメンズ混成のコレクションを発表するというアプローチは他ブランドにはできない芸当である。メンズ、ウィメンズの両方のラインを持つブランドが主にビジネスを優先した消極的理由で統合ランウェイを行う中、完全にメンズウェア中心の世界観からウィメンズに接近するという試みは興味深いものがある。

1895年にイタリアのAlessandro Berlutiによってシューメーカーとして設立された124年の歴史を持つBerlutiは、1993年にLVMHが買収。更に、2012年にLVMHがパリの老舗テーラーであるARNYSを買収し、Berlutiのウェア部門としたことで同メゾンのトータルブランドとしての歴史がAlessandro Sartori、Haider Ackermann、そして、現在のKris Van Asscheと流れる。

「それは伝統と現代的であることについてです。Berlutiが時代を超越したラグジュアリーについてだけであるべきだとは思いません。」とヴァンアッシュは語る。彼が確立しようとしているヴィジョンとイメージは、伝統的でありつつも現代的であり、現代的でありつつも伝統的なアティテュードにある。

遺産としてのレザーと伝統的なテーラリングに、それらのスポーティフィケイション。美しくありつつ、重厚さと遊び心を兼ね備え、コンテンポラリーで爽やかな男女が描かれたコレクションは、昨シーズンよりもBerlutiとKris Van Asscheの距離が縮まった完成度の高いものだったと言えるでしょう。

via vogue.com wwd.com businessoffashion.com

S.R. STUDIO. LA. CA. 20SS Collection

Pitti Uomoのスペシャルゲストとして、Sterling Rubyがフィレンツェで発表した彼の初となるファッションコレクション。
19世紀に家畜用の干し草置き場として使われていたLa Pagliereを会場にし、Front RowにはRaf Simons、Virgil Abloh、Michel Gaubertらを招待。モデルにはPieter Mulierを加えて行われたランウェイショーは、Sterling Rubyのアート作品を想起させ、そして、Raf Simonsとのコラボレーションを思い出させるアートワーク的アプローチによって進行する。

ブリーチデニムに、フレアなバギーパンツ。ネイティヴ・アメリカンの影響を受けたポンチョ。プレーリーな田舎娘はデニムスカートやタータンチェックによって描かれる。彼の妻でフォトグラファーのMelanie Schiffが撮影した蝋燭や植物の写真を用いたドレスに、ドライバーやハサミ、洗剤等の日用品をコラージュしたデニムとパーカーなど。アメリカの伝統や歴史、自身の人生やアートワークによってコレクションはドライヴされている。
ショーに登場したモデルが持ったシルバーのスコップは、19世紀にカリフォルニアで起きたゴールドラッシュを連想させ、ドレスやスカートの下にズボンを穿いたウィメンズのLookはカリフォルニア女性参政権運動(女性がドレスの下にズボンを穿いた歴史を持つ、と彼は説明する。)に由来する。

ドイツのビットブルクにある米軍基地で生まれ、生後間もなくアメリカのメリーランド州のボルチモアに移住し、その後、ペンシルベニア州の田舎町であるニューフリーダムで彼は育った。ペンシルベニアにはアーミッシュがおり、幼少期から青年期までを田舎で過ごし、現在はカリフォルニア州のロサンゼルスを拠点に活動している彼の自伝的なストーリーを持つランウェイショー。彼の服づくりは、母親にミシンを買ってもらった13歳の時にまで遡る。

彼は今回のコレクションを、アナバプテストドレスからSlayerのツアーシャツ、コンバットブーツからウェストコーストカフタンまで、それは私が人生の様々な場面で服が持つ根本的な力を理解した方法を具体化したもの、と話す。

アート作品とファッションの違いについて問われた彼は、スタジオで何かをつくるということは自分にとって本当に同じことだと答え、それは溶接機とミシンの違いでしかないとのこと。

アート業界に関して彼は、時代遅れのルールに固執するディーラー、キュレーター、ミュージアム・ディレクター、オークションハウス、コレクターの硬直化したシステムにうんざりしていると吐露する。しかし、アート自体に彼は信頼を失ってはいないと言い、業界がもっとオープンで、ヒエラルキーが無ければ良いと願っている。彼は全ての秩序をフラットにするため、区分と境界線を消すことに興味があり、ファッションはそれを実現するのに良い場所のように感じていると説明する。

初のファッションコレクションとしてはまとまりのあるもので、コレクションとして完全に成立していたかなと思います。テーマが自叙伝のようだったのも、アーティストがファーストアルバムに自身の名を冠すセルフタイトルのようだなと。ただ、予想を超える何かがあったというものではなかったのも事実。過去にラフとのコラボレーションを見ているので、個人的には予想の範囲内のコレクションでしたね。上下ペアのワントーンのLookが多かったのも単調さを感じさせる要因になっていたでしょうか。

今回のショーピースは、既に公式サイトでオーダーできるようになっています。ラインとしては4つに分かれており、"S.R. STUDIO. LA. CA."(メインライン)、"SOTO"(Sterling Ruby Studioによって手作業で作られたファブリックを用いたアイテムで、オレンジのSOTOブランドタグを持つ。)、"UNIQUE"(過去10年間のテキスタイルの調査からSterling Rubyによってデザインされたアイテム。)、"ED.50"(数量50の限定アイテム。ブラックのED.50ブランドタグを持つ。)といった感じ。伊勢丹やDover Street Market辺りで取り扱うなら実物をチェックしてみたいですね。

via vogue.com wwd.com dazeddigital.com anothermanmag.com

Berluti Fall 2019 Pre-Collection

Kris Van AsscheによるBerluti 2019年フォールコレクションがオフィシャルサイトにアップされていますね。

クリスが少し前にInstagramにポストしていましたが、写真は今年の4月にインドの北部にあるチャンディーガル(1949年、インド独立後のわずか2年後に計画された都市の一つ。)のGandhi Bhawanで撮影したもののようです。Gandhi Bhawanは、Le Corbusierが監修し、Pierre Jeanneretがデザインしたもので、Mahatma Gandhiの生涯や彼の功績に関する近代建築となっています。

カラーブロック・ブルゾンにウールパーカー・コート、コットン素材のフィールドジャケットは、レザーのディテール付き。ダブルのバイカラー・トレンチコートはクラシシズムとモダニティの両面を備える。
パティーヌには新しく"Ice Brown"が登場。これはヴァンアッシュがメゾンのアーカイヴを探求し、過去のパティーヌからインスピレーションを得て、グラサージュ仕上げによってアップデートされたもの。寒色系のブラウンと光沢感のあるテクスチャーの独特の色合いは、時間をかけた手作業によるクラフティング・プロセスの結果であり、豊かさと完全な現代性を齎す。

パティーヌは、ヴァンアッシュによるカーフレザーとナイロン、ラバーをミックスしたテクニカル・ベルルッティ・スニーカー"GRAVITY"や、Andy WarholのためにつくられたBerlutiのエンブレマティック・ローファーである"ANDY DEMESURE"などに適用される。

Kris Van AsscheによるBerlutiは、スニーカー等のスポーティーな軽快さとレザーのビターな重さ、2つの異なる要素がアクセルとブレーキとして存在しており、コレクションに抑揚を与えているでしょうか。重厚な表情で魅せるレザーはその存在感ゆえ、時としてそれ特有のアクやクセをコレクションに運びます。相反する2つの要素をバランスさせ、均衡点を探るのが今の彼のクリエイションとなっていますね。