This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

The Business issue of Calvin Klein by Raf Simons

Raf SimonsによるCalvin Kleinがビジネス的に上手くいっていないと報道されていますね。
PVHのCEOであるEmanuel Chiricoによると、Calvin Klein 205W39NYCへの投資が失敗しており、Calvin Klein Jeansは価格帯が高くなり過ぎて計画通りのセールスに至っていないとのこと。第3四半期の利益は、クリエイティヴとマーケティング費用の増加から前年度の1億4200万ドルから1億2100万ドルに減少したようです。ちなみに売上高は前年同期比2.1%増の9億6300万ドルとなったとのこと

そもそもPVHはCalvin Kleinのブランド全体をRaf Simonsの支配下に置くことで、同じ世界観を持った統一感のあるブランドとしてリブランディングし、次のビジネスステージに移行しようとしたと思うのですが、それが失敗しつつあるということで軌道修正が求められているということですね。また、ハイエンドラインのCalvin Klein Collection(現在のCalvin Klein 205W39NYC)も長らくビジネスとして機能しておらず、ハロー効果を期待した単なるマーケティングラインであったのをラフによって変えたかったはずです。

Christian Dior時代にフレグランスやブティックのストアデザイン等を含めたブランド全体のクリエイティヴ・コントロールが欲しかったRaf Simons(年6回のコレクションが多すぎるという不満もありましたが。)とPVHの思惑が一致した結果の今回のプロジェクトでしたが、tFSでもいろいろ書かれているようにラフの権限の縮小は確定として、2019年8月まで契約が残っていますがCalvin Klein自体を辞めさせられる可能性もあるのかなと思います。

CEOが公にクリエイティヴの失敗をメディアに話すということは深刻であり、ラフが就任した当初からCalvin KleinのADキャンペーンを撮っていたWilly Vanderperre(スタイリングはOlivier Rizzo。)に代わって2019SSのキャンペーンはGlen Luchfordになると報道されていることもこれに関することが理由でしょう。

ラフの立場が危うくなるということは、ラフの長年の右腕であるCalvin Kleinのクリエイティヴ・ディレクターを務めるPieter Mulier。Pieterのボーイフレンドであり、ウィメンズのデザイン・ディレクターを務めるMatthieu Blazy。ラフのボーイフレンドであり、ブランドエクスペリエンス・シニアディレクターのJean-Georges d'Orazio。そして、長年のコラボレーターであるアーティストのSterling Rubyといった周囲のメンバーにもWilly Vanderperreと同様の影響が出てくることが予想されますね。そうなる前にラフは自ら辞めそうではありますが…。

PVHはCalvin Kleinを2020年までに世界売上高で100億ドル(現在は80億ドル強。)を達成することを目標としていますが、それがラフのミッションでもあります。大幅なブランド・オーバーホールによって、短期間で大幅に売り上げを上げるというのはそんな簡単には実現できませんが(それなりに業績も好調であり、ブランドイメージも確立していたCalvin Kleinというブランドにおいてなら尚更。)、創造的な自由が欲しければ数値として結果を出してスーツ(ビジネス側の人間)を黙らせる必要がありますね。

ラフはハイファッションの世界は経験してきていますが、マスマーケットの経験がほぼありません。そこでは難解で分かり辛いものではなく、ヒップな分かり易さが求められ、インテリジェントでエレガントなセクシャリティよりもステレオタイプでマッチョなセクシャリティが好まれ、デジタルメディアにおいて大衆にシェアされ、ライクされることを良しとする世界であります。
つまり、今の彼に求められていることはインディーズにおいてカルト的な人気を誇るだけでなく、メジャーでもチャートインするということであり、ミリオンセラーを狙うということ。個人的にRaf Simonsというデザイナーがそういったことを目指すべきなのかは甚だ疑問ではありますが。

恐らくそういった自分の立ち位置を認識し、ビジネス側からも求められたであろう結果の一端が、2シーズン続けてカーダシアン/ジェンナー姉妹を起用した(起用に同意せざるを得なかった、と書いた方が適切でしょうか。)18SSから18-19AWのCalvin Klein UnderwearのADキャンペーンということなのかもしれません。BoFによると、これはJustin Bieberの#MyCalvinsキャンペーンを再現しようとしたものでしたが、結果、Justin Bieberほどの成功はしていないとのこと。

翻って、ブランドをある一人の人物の支配下に置き、ウェアから香水、ストアデザインまでのあらゆるものを一気通貫でメディアミックス的に一つの世界観(アイデンティティ)を共有させるという戦略はブランドイメージとして整理された美しさと強度を持ちますが、Calvin Kleinというブランドの規模では機能しない戦略なのかもしれません。
もちろん、コアとなる世界観にもよりますが、基本的にディフュージョンラインがメインラインのブランド希薄化になりがちであるように、取り扱うアイテム数や展開するライン数が多い大規模なブランドにおいて統一した世界観というのはビジネス的にも無理があるのかなと。もしそうであれば、各ラインやアイテム毎に個別に顧客をセグメント化し、最適化されたクリエイティヴやマーケティングが必要とされるということで、ラフの就任前の状態に戻るということになるでしょうか。いずれにしてもこの短期間では何とも言えませんが…。

痛みを許容し、中長期でブランドの再構築を行うという選択をリスクを承知でPVHが取れればアレかもしれませんが、Calvin Klein全体でそれをやるのは当初から無理があったと言うべきですね。

過去の成功体験は創り手を慢心させるものであって、(就任当初から思っていますが)ラフにおけるCalvin Kleinプロジェクトは一気に手を広げ過ぎですね。それで上手くいけば良かったのですが、流石にマーケットはそんなに甘くないようです。PVHもGucciにおけるAlessandro Micheleのような役割をラフに求めたのは誤っていたと言えるでしょう。

Feel the Music

ピュアオーディオの世界は知識が全くないのですが、最近、YouTubeでKENRICK SOUNDという会社の映像に出会いました。
選曲が年齢層高めなのは、ターゲット層(オーディオにお金を掛けられる層)がそれぐらいの年代ということなのかなと思います。

ひこうき雲 - 荒井由実
接吻 - さかいゆう
プラスティック・ラブ - 竹内まりや
春よ、来い - 松任谷由実
川の流れのように - 美空ひばり
Hotel California - Yao Si Ting
Change the world - Eric Clapton
Get Lucky - Daft Punk

それぞれのオーディオシステムで再生した曲を撮影した映像なのですが、YouTube越しに自分のオーディオ環境(SONY MDR-1000X)で聴いても音が立体的で高音質なのが体感できます。初めて聴いたとき、普段、聴いているApple Musicとはあまりにも音質が違いすぎてゾクゾクしました。こうやってオーディオ沼に人は嵌っていくのだなと…。

上記の曲はいずれも聴き応えがありますが、その中でも本人が言及しているように、さかいゆうの接吻(ORIGINAL LOVEのカヴァー。)がJazzyで好きですね。

言うなれば、自分の目の前でヴォーカルが歌い、演奏している楽器の生音を聴いているかのような感覚。スタジオでレコーディングしている曲をそのまま聴いているような、楽曲が現前化して今まさに息吹を吹き込まれたかのような感じがしますね。収録された音源でここまで再現できるというのが素晴らしい。

ヴォーカルの歌声と楽器の音色一つ一つは分離独立し、それぞれが高分解能で高解像度で極めてクリア、それでいてお互いがお互いの良さを引き出すようにコミュニケートされ、それらが多層的に折り重なることで、生まれては時間と共に消えゆく、目に見えない、触れることもできない、ただ感じることができる音一つ一つの連続性が総体として一つの楽曲を構成していることが分かる。パーカッションや弦楽器は抜けの良い粒の揃った乾いた音を奏で、ピアノやベースは色気を纏い、ヴォーカルのブレスや唇の湿度が歌声から伝わるような。

目を閉じ、ヴォーカルが紡ぐリリックの言葉一つ一つを拾い集め、ストーリーや意味に想いを馳せ、その世界に浸り、音色の美しさにいつまでも優しく包まれていたくなる。

もはや曲を聴くというよりも、それらを感じ、ムードを味わうという表現が適切ですね。次元が違います。音楽の素晴らしさを再発見させて貰った感じですが、オーディオに投資する人の気持ちが良く理解できます。

こういう世界があることを知ってしまうと、一般のオーディオの世界はまだまだやることがあるんだなと思いますね。大規模で高価なシステムを導入しなくても、もっとコンパクトで安価にヘッドフォン等でもこういった体験が実現できる未来が来て欲しいなと思った次第です。
YouTube越しでこれだけ違いが自分でも分かったので、音源次第である程度なんとかなるのではないかなと。YouTube越しではなく、実物を前にして聴いたらもっと凄いのだと思いますが…、後戻りできなくなりそうですね。

MACKINTOSH ウールステンカラーコート GM-001F

Loro Pianaの"Storm System"を採用したMACKINTOSHのウールステンカラーコートGM-001F。
少し前にオン用のコートを買い替えたくて、いろいろ探し歩いた結果、南青山のMACKINTOSHで試着したところピンときたので買ってみた次第です。
シルエットも細身で好きな感じ。ゴム引きではないので、普通にドライクリーニングで問題ないのが良いですね。

Rainbow Bridge - Architectural Silence // SONY RX100M6, PILOTFLY C45, DaVinci Resolve Studio

以前から撮りたかったレインボーブリッジの映像をアップしました。序盤の高架のシーンは前からやりたかったものです。

いくつかのカットをよく見ると鳥が映っているのですが、もっと群れで飛んでくれたら良かったのに、といった感じですね。といっても撮影中は鳥の存在にあまり気付いていなかったりしますが…。意図しなかったものまで映っているのが実写映像らしいでしょうか。

写真を撮っていると映像のような写真を撮りたくなるのですが、逆に映像を撮っていると写真のような映像を撮りたくなる不思議な感覚があります。写真は時が止まっているのでそこに時間の連続性を与えたくなり、映像は逆に時間が流れているのでその時間を止めたくなる感じというか。表現手法のクロスオーヴァーはよくある話ですが、きっと人は手が届きそうで届かないものに手を伸ばす、ということなのかなと。可能性(という名の幻想?)をそこに見ているといった感じでしょうか。

Movie: SONY RX100VI(DSC-RX100M6) + PILOTFLY C45 + DaVinci Resolve Studio

少し前にSONY RX100VI(DSC-RX100M6)とPILOTFLY C45をなんとなく購入し、映像をYouTubeにアップし始めています。映像をまともに制作するのは初めてなので、いろいろと手探りですが…。
編集はAdobe Premiereに月額料金を払うのが嫌だったので、DaVinci Resolve Studioを使っています。無料版のDaVinci Resolveではノイズリダクションや4K映像等が扱えないので、有料版のStudioにしました。オンラインでその場でライセンスキーが買えなかったのがちょっと…という感じでしたが。

自分が写真撮影に使っているα9は映像用途には不向きなので、とりあえずコンパクトカメラとしても使えそうだったRX100M6を買ってみた次第です。M5に比べると望遠側が200mmまで伸びたのは、撮影時にロングショットができるので便利で面白いですね。代わりにF値が2.8からと暗くなっているので、ボカしたい人はRX100M5A等の機種の方が良いかもしれません。

NDフィルターはKenkoのバリアブルNDX 82mmをLensmateのアダプターにステップアップリングを用いて付けているのですが、ジンバル(PILOTFLY C45)に載せて望遠端で撮影しようとするとバランスを崩すので注意が必要です。PILOTFLYのSimpleBGCでそれなりにパワーを上げて騙しながら使っていますが、モーターにはあまり良くないような気がします。といっても常に望遠端で撮影している訳ではありませんが。
Kenko以外のK&F Concept等には52mm径の可変NDフィルターがありますが、品質が悪そうなのが気になるところ。ちなみにRX100M6は内蔵NDフィルター機能が無くなっているのも地味に辛いです。

RX100M6で撮影しているとやはり欲が出てくるもので、フルサイズ機が欲しくなりますね。画質の面でもそうですが、4Kで撮影しているとバッテリーもあっと言う間に無くなりますし…。α7SIIIのスペックが個人的に気になっているのですが、BMPCC4KのRAW撮影の話やLマウントアライアンスのPanasonicのフルサイズミラーレス機の噂などを読んでいると、それらに比肩できるようなものを小型のボディで実現できるのかが気掛かりです。
写真をLightroomで現像するように映像もカラグレしたいので、暗所性能や手振れ補正の向上、8Kといった高解像度化よりも12bitRAWで内部収録できた方が個人的には良いのですけれど。