This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Chanel 20SS Haute Couture Collection

Coco Chanelは11歳で母親を亡くし、その後、フランスのオーバジーヌにあるシトー会の修道院で育つことになる。その幼少期からインスピレーションを得たVirginie ViardによるChanel 2020年春夏オートクチュールコレクションは、Grand Palaisに修道院の庭園をセットして行われる。

モノトーンをベースに、わずかに淡いパステルを加えたカラーパレット。コレクションのキーとなるのは、縦に長い細身のIラインを描くシルエット。

ラガーフェルドが嫌ったというクロディーヌ襟(時にスタイのように大振りとなる。祭服から取られたアミクトゥスとも組み合わされる。)のコートとブラウスに、アンクル丈のホワイトソックスとブラックパテント・シューズを組み合わせたスクールガールLook。これは、Cocoは自分のデザインを嫌っただろう、と生前話していたラガーフェルドが思い出される。つまり、前任者を超えることや時代の流れに合わせて変化することを企図するということ。

澄んだピュアホワイト・レース、柔らかさと透け感を齎す繊細なチュールのレイヤリング、連続性のある直線が美しいプリーツ。
モザイク画やタイルのような格子状のツイード、修道院のステンドグラスに影響を受けるグラフィックパターン、クチュールらしく散りばめられた宝石のような立体刺繍。

イヴニングパートではストラップレスやノースリーブによって露出した肩が夏の気分を歌い、シンプルモダンなブライドでデフィレはフィナーレを迎える。

修道女の禁欲的な厳格さと慈悲、慎み深い少女、清楚で行儀の良いスクールガール。12歳から18歳までCocoが修道院で過ごした幼少期への言及を核にしたコレクションは、膝上からフロアまで少女の成長に合わせて変化したスカートの丈や、ピーターパンカラーの襟、アンクル丈のホワイトソックスとブラックパテント・シューズなど、少女性や幼さの参照が多く見られる。

一般的にクチュールコレクションによって描かれる女性像は、ターゲットとなる顧客の年齢や社会的地位が相対的にRTWコレクションよりも上がるため、成熟した女性になる傾向が強い。Lookの完成度としても急に少女が顔を覗かせるのはそのバランスを欠いていると言え、もう少し全体調和のために追加のアイデアが必要だったと言えるでしょう。
それよりも改善すべき重要なポイントは、Virginie Viardが引き継いでからのコレクションは、巧みにつくられた服たちではあるが突き抜けた何かはなく、メゾンの遺産をなぞっただけの平坦な作品が連なるという点なのだが…。

via vogue.com wwd.com vogue.co.uk nytimes.com tFS

Christian Dior 20SS Haute Couture Collection

ロダン美術館の庭園に設営されたランウェイショー用のテントは、フェミニスト・アーティストであるJudy Chicagoが1970年代後半に一度、デザインしたものを具現化した"The Female Divine"という作品。Maria Grazia ChiuriによるChristian Dior 2020年春夏オートクチュールコレクションは、その子宮の中で披露される。

今回のコレクションのインスピレーションとなった"What If Women Ruled the World?"と書かれた大きなバナーを背景にデフィレはスタート。
古代ギリシャの女性が着用していたペプロスをベースに、ドレープやプリーツにフリンジ、階層化されたスカート、そして、ハウス・シグネチャーとなるバー・スーツのカスタムを主軸としてコレクションは展開していく。素材の透け感と柔らかさ、アシンメトリーなワンショルダーのネックラインといったものが女神や母性へ言及しつつ、総体としては気高い強さを兼ね備えた女性像が描かれる。
足元を飾るのは、女性に優しいローヒールのローマサンダル。アクセサリーは、月桂樹や小麦に三日月、そして、蛇や蝶、蜂といったものをモチーフとする。

女性の最大の創造的な行為として出産があるとすれば、コレクションを子宮に見立てたテントの中で発表(出産)することの意味は「生みだす」という行為への暗喩である。

Christian Diorという歴史あるブランドの初の女性デザイナーであることに端を発したMaria Grazia Chiuriのフェミニズム・イデオロギー。フェミニズムをクリエイションの核に据え、アイデンティファイしつつ、一貫してコレクションを重ねる彼女ですが、過剰すぎるフェミニズムへの拘泥があります。

一般的にイデオロギー濃度が高い色の付いたクリエイションは、意味性が強すぎる傾向にあり、ある程度の知識や経験を積んだ受け手からは、鼻につくその直截性によって敬遠されるものです。今回のバナーに書かれたステートメントもそうですが、捻りの無いブランドロゴの全面的な使用やメッセージTといったようなものも、その強い意味性とは対称的に、実際にはほとんど意味を持たない、そんな単純に世界は変わらないという浅薄さが底の浅さとチープさを惹起することになります。言うなれば、空虚なヒットソングの歌詞のようなものであります。

女性とファッションの文化的、歴史的、政治的、社会的な繋がりに関する調査と束縛からの開放というテーマは、手垢に塗れていますが有り得るとしましょう。ただ、そういった問題意識によって駆動されたコレクションの結果が、ステレオタイプな女神像というのはVanessa Friedmanが指摘するように違うでしょうね。女神像というもの自体も既存の価値観とへその緒で繋がり、内包されるものであります。必要なことは、新しい価値観を胚胎すること。

現状を否定したとして、その後に何を創造するのか。破壊は比較的簡単で、創造の方が何倍も難しいということは誰もが知るところです。
大義ばかりが喧伝され、それにクリエイションが伴わないアンバランスさが落差を生みます。

結論としては、現状を否定することに力を入れるよりも、新しい女性像の創造に力を入れた方がきっと実りはあるでしょう。
新しいヴィジョンの提示によって現状のイメージを過去のものとし、女性像の新陳代謝を促す。創造的破壊による結果としての現状の否定、がクリエイションにおいても理想形と言えるでしょうか。もちろん、そういった針の穴を通すようなクリエイションができる創り手はいつの時代も限られるわけではありますが。

via vogue.com wwd.com vogue.co.uk businessoffashion.com tFS

"Welcome To The Disco feat. Macross 82-99" - Yung Bae

"Welcome To The Disco feat. Macross 82-99"は、Yung BaeがMacross 82-99をフィーチャーし、Air Powerの同名の曲をネタにMixしたもの。クオリティ高いですね。Macross 82-99のベースにはDaft Punkなどのフレンチ・ディスコがあるので、それ系が好きなら聴ける仕上がりになっています。

公式PVよりも上記の日本アニメのMADムービーの方が映像クオリティは高く、楽曲の疾走感とVaporwaveやFuture Funkの文脈としてもこちらの方がマッチしているかなと思います。

Comme des Garcons Homme Plus 20-21AW Collection

川久保玲によるComme des Garcons Homme Plus 2020-21年秋冬コレクションは、彼女の説明によると"Color resistance - fighting back with color"とのこと。
ランウェイショーは、フラグメンテーションされたカオティックな各パーツやマテリアルをパッチワークやレイヤリング、インサイドアウトにカットアウトといった手法を複合的に用い、少年がコラージュで自由奔放に遊ぶかのように進行する。

色の反乱、ランダムサンプリングのカオスの中にもグルーピングや調和のリズムは存在し、ショーのサウンドトラックであるJulien H. Mulderの"Patterns in Nature"が示すように、それらは自然が織り成すパターンのように擬態を始める。惑星の衛星写真や植物の顕微鏡写真のようにマクロとミクロの自然界に存在するパターン、または、動物が持つパターンのように。各パーツは互いに溶け合い、境界線は融解し、初めからそれらはそうであったかのような旋律を奏でる。魚には鱗があり、鳥には羽と翼があり、薔薇には棘があるように。

ベビー用品のスタイのように胸にかけられた長いヘアーは、"Put Hair on Your Chest"(直訳すると「胸に毛を生やす」。転じて、「男になる」という意味。)という伝統的なマッチョイズム(男性性)を現代のセクシュアリティの多様性の観点から戯画的に表現したアクセサリーのようである。直近の"Orlando"をテーマとしたトリロジーが記憶に新しいが、セクシュアリティへの言及は彼女が繰り返し使うモチーフである。

総評としてはいつものプリュスといった感じで、色の多様性がオプティミスティックな空気をコレクションに運んでいたでしょうか。

SNSでは多くの白人モデルに黒人文化であるコーンロウのウィッグを使ったことで、文化の盗用として一部で炎上気味になっていますね。
2018年2月にポストされた"Why Won't Comme des Garcons Hire Black Models?"(なぜComme des Garconsは黒人モデルを雇わないのか?)という記事も上記の記事内で紹介されており、Vogue.comで確認できる1991年から2018年2月現在までの54(91年秋冬を除く)のランウェイショー、2533Lookのうち、わずか5人の黒人モデルによる32Lookしか黒人のLookはなく、割合にすると1.26%とのこと。最後に黒人モデルが歩いたのは1994年3月に行われた94年秋冬シーズンのショーであり、それから24年が経過していると書かれています。

日本人女性によって設立、運営されているフランス語の名を持つブランドが、真に国際的なイメージを反映するのがそんなに難しいのはなぜなのか?また、ファッション業界全体がこの話題についてほとんど語らないのはなぜなのか?とも指摘をしていますね。

上記のポストが公開された後、最初のショーとなった2018年3月に行われた2018-19年秋冬コレクションでは黒人モデルがFirst Lookから登場するといった流れになっており、上記のポストが正しいと仮定すれば偶然にしては出来過ぎと言えるでしょう。ちなみに、2018-19年秋冬シーズン以降の直近の4シーズンはコンスタントに黒人モデルが起用されています。

話をプリュスに戻しますが、文化の盗用はセンシティヴな問題であり、好むと好まざるとに関わらずクリエイションに携わる者は意識せざるを得ないのが2020年現在の現実でしょうね。

via vogue.com wwd.com vogue.co.uk wallpaper.com