This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

狭い世界のお話

何年か前のことだが、いつからかデザイン系のサイトを巡回しても面白いと感じなくなった。
自分がチェックしていたサイトが国内も海外も軒並み更新されなくなったのと、いろいろサイトを見過ぎて目が肥えたというのが原因だと思う。管理人が就職などしてリアルの世界が忙しくなったり、モチベーションが続かなくなったりして更新が止まっているのは悲しい。次はどういったものを見せてくるのか、それを見て、自分も何かつくりたい…よくそう感じたものだ。そういった人が趣味でやっていた時のクオリティ(定義が曖昧)のままビジネスの世界でつくり続けられるのならいいのだろうけど、そうはなっていない。妙に畏まって、型にはまってしまう感じか。
そんなこんなでEYESIGHT.JPをつくった。そんな停滞した世界が嫌で。何かが変わればいいなと思って。
Lomo LC-Aというカメラが流行ったことがある。今ではどうなのだろうか。小さなロシアのカメラだ。箱を開けると古い書物のような独特の香りがする。これで撮影した写真は四隅から中央にかけていい色にグラデーションがかかる。空が良く似合うそんなカメラ。普段、雲のカタチなんて気にしなかったけど、カメラを持ち歩くようになってからはよく空を見て雲のカタチを気にするようになった。俯きがちな人を前向きにさせてくれる、そんなチカラを持っているカメラかもしれない。
このエントリーを書きながら、ずいぶんとロモで撮影していないことに気付いた。そういえば最近は下ばかり見て歩いていたような気がする。梅雨が明けたら久しぶりに鎌倉でも行こうか。そして、コクリコでクレープを。
でも、手元にロモが無いことに気付いた…。

posted by PFM