This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

direction

情報サービス産業に明日がなくても構わない
「そして往々にして仕様書の出来が悪いのは,プログラムを書けない奴が仕様書を起こすからである.どうつくるかという想像力に欠けていることもあるし,本当に必要とされていることを精製されていないこともある.プログラマにとって苛立たしいのは,自分よりも馬鹿の書いた仕様書に振り回されて,クールでも本質的でもないことに工数を割くことである.

優秀なエンジニアは面白い仕事を探す.だからプログラムを書けない奴が長々とした会議や仕様書を通じてプログラマに足枷をはめるような職場からは,優秀なエンジニアは段々と逃げ出していくだろう.」

これはWebでもなんでもそうだと思う。上に立つ人間がなにも知らないでは話にならない。プレゼンで使用するうデモやプロトタイプはそのプロジェクトのディレクター自身が組むべきなんじゃないかと思ったり。

「IT産業の内側なら,他人のいうことを聞くのではなくて自分の考えを世に問うことのできるパッケージやSaaSの方が面白いし(以下略)」

自分の考えやアイデアを世に問うことのできるっていう仕事は楽しいし、素晴らしいと思う。
勉強しないとなー。

posted by PFM