This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

AutoPagerize(Greasemonkey - Firefox Add-on) for thefashionspot.com

FireFoxのアドオンであるGreasemonkey用のスクリプト「AutoPagerize」を、thefashionspot.comのフォーラムページに対応させてみました(需要はほとんど無いと思われますが・・)。
概要をざっと説明すると、the Fashion Spotのフォーラムには「Designers and Collections」や「Behind the Lens」「Ad Campaigns」などのカテゴリが存在し、その中にそれぞれスレッドがたくさん立っていてユーザーが日々書き込みをしているわけですが、スレッドによってはとても情報量が多くて1ページ1ページクリックして読んでいたらとても読みきれないものがあったりします(個人的には専用ブラウザがあっても良さそうなのに・・と思ったりしますが)。で、その負荷を軽減するのが今回のAutoPagerizeになります。

これを使うと1ページ目を下までスクロールしたら、自動的に2ページ目の内容が現在開いているページの下に読み込まれるのでそのままスクロールを続けるだけで2ページ目を読むことができます。もちろん、そのまま2ページ目の終わりまでスクロールしたら3ページ目が自動でその下に更に読み込まれる訳です。よって、(ブラウザのメモリが許す限り)スクロールするだけでスレッドをページ遷移することなく読み続けることができます。

(GreasemonkeyとAutoPagerizeがFireFoxに入っている前提で)その設定方法についてですが、AutoPagerizeにはautoPagerize.user.jsという設定ファイルがあり、そこにthe Fashion Spotのフォーラム用のルールを追加するだけでOKです。
autoPagerize.user.jsの40行目付近にある「var SITEINFO =」の中身をこんな感じに書き換えます。元々書かれているsampleとtemplateの下にthe Fashion Spotのフォーラム用のルールを二つ追加しているのがわかるかと思います(ルールが二つある理由は、スレッド一覧ページにも対応させているためです)。そして、autoPagerize.user.jsを保存してFireFoxの右下にあるGreasemonkeyのアイコンを右クリックして、「ユーザースクリプトコマンド>AutoPagerize - clear cache」すれば設定が反映されるはずです(一応書いておきますが、すべて自己責任でお願いします)。

とりあえず自分は上記の設定で問題なく使えていますが、the Fashion Spotがレイアウト変更などをした場合はその都度ルールを書き換えないといけません。あまり無いとは思いますけれど。

これでページ数が多いスレッドも(それなりに)スイスイ読めるようになりました。他のファッション系サイトではあまり「次のページへ」ボタンをクリックするのが面倒だと感じたことは無いのですが、また何かあったら書いてみようかなと思います。

posted by PFM