This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

THE DEVIL WEARS PRADA

YouTubeにアップされていた映画「プラダを着た悪魔」のFan Movieを見ていたら何となく書きたくなったので。

Vogue USのAnna Wintour関連の話題では高確率で引き合いに出されるこの映画ですが、公開は2006年。原作小説を書いたLauren WeisbergerはAnna Wintourの元でアシスタントの経験があることは有名ですね。その後もEveryone Worth Knowing、American Girls About Townという短編小説集に収録されているThe Bamboo Confessions、Chasing Harry Winstonと出版しているようですが、基本的にSEX AND THE CITYというか、そういった系(失礼)の作品が多いようです。売り上げも批評家のレビューもあまりよろしく無いことがwikipediaには書かれていますが、3作目の小説であるChasing Harry WinstonはUniversal Picturesが映画化権を取得したとも書かれていますね(著者のBlogでもエントリーがありました)。

THE DEVIL WEARS PRADAに話を戻して、監督のDavid Frankelや衣装デザインを担当したPatricia FieldはSEX AND THE CITY(Sixth Season)のコンビでもあるのですよね。David Frankelは元々TV出身のようで、映画全体の良い意味でのテンポの良さ(軽さ)はその辺に由来しているのかなと思います。
Patricia Fieldと言えば、最近では「お買い物中毒な私!(CONFESSIONS OF A SHOPAHOLIC)」でも衣装デザインを手掛けていますね。

音楽に関しては、上で紹介したFan Movieでも使用されている、KT TunstallのSuddenly I Seeという曲がかなりキャッチーで爽やかな曲なので個人的に好きですね。映画では冒頭のシーンで使用されており、映像とのシンクロ具合が良い感じ。ちなみにiTunesでも購入することができるので、気になった方は是非。映画の中では他にもMadonna等の楽曲が使用されています。

ストーリーに関して簡単に書くと、Anne Hathaway演じるファッションに興味の無いジャーナリスト志望のAndrea "Andy" Sachsがひょんなことから一流ファッション誌"RUNWAY"のMeryl Streep演じる鬼編集長 Miranda Priestlyの元で働くことになり、公私共に悪戦苦闘しながらも仕事では次第に認められていくが・・というお話。Andyの先輩アシスタントであるEmily Charlton(Emily Blunt)も良いのですが、アート・ディレクターであるNigel(Stanley Tucci)が人生の先輩として良い味を出しています。また、Valentino本人が本人役で出演しているのも見所でしょうか。
基本はドタバタ・ラブコメなのですが、仕事や人生における教訓劇的な側面や(脚色が入っているにしろ)業界の裏側的な部分が見れて面白い出来になっています。

個人的に面白いなと思ったシークエンスは、MirandaがAndyの冴えないブルーのセーターを見て発した、

----
家のクローゼットからそのサエない"ブルーのセーター"を選んだ
"私は着る物なんか気にしない" "マジメな人間"ということね

でも その色はブルーじゃない ターコイズでもラピスでもない
セルリアンよ

知らないでしょうけど 2002年にオスカー・デ・ラ・レンタが
その色のソワレを
サンローランがミリタリー・ジャケットを発表

(中略)

空の色(セルリアン)は 8つのコレクションに登場
たちまちブームになり全米のデパートや
安いカジュアル服の店でも販売され
あなたがセールで購入した

その"ブルー"は巨大市場と 無数の労働者の象徴よ
でも とても皮肉ね

"ファッションと無関係"と思ったセーターは
そもそも ここにいる私たちが選んだのよ
----

というセリフ。
視聴者にMirandaたちのファッションに対する真剣さや、ファッション誌をつくるということがどういうことなのかを示すためのやや説明的なシーンなのですが、コレクションで発表された作品が世界中に拡散・影響を与え、大衆が無意識的に選んで着ているファッションが実はこういった過程を得ている、というセリフは改めて言葉にされるとゾクゾクするものがありますね。もちろん、必ずしも現実がそうなっているとは言えないと思いますし(そのセリフは時に傲慢に聞こえるでしょう)、最近の業界的にはこういったトップダウン式のビジネスだけではかなり厳しい状況にあるのも事実かなと思います。

最後に映画中で登場した衣装に関してですが、こここの辺で紹介されていたのでご参考に。
個人的には、Chanelのゴールド・ロングネックレスのLook、同じくChanelのロングパール・ネックレスとキャップ(シャツは、Miu Miu)のLookが良いなと思いました。また、オードリー・ヘップバーンのようなLewinのグリーンのコートのLookは、カットがかなり短いのですがインパクトは大きかったと思います。あと、一番最初にAndyが服に気を使って着た全身ChanelのLookがあるのですが、あのブーツはChanel 06-07 AW Couture Collectionですよね。
tFSこの辺にもいろいろと写真が載っていたので、チェックしてみると良いかなと思いました。

posted by PFM