This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

Raf Simons 10-11AW Collection

Raf Simons 10-11AW コレクションは、過去2シーズンと同様に今回もテーラリングにフォーカスしたコレクションを展開。描く男性像の年齢も同じく少し大人な感じで、ユースカルチャーから少し距離を置いているのが最近のRaf Simonsの気分。

テーラリングなどで使われていたマグネットボタンは少しだけフューチャリスティックな雰囲気で、コレクションでは普通のボタンの他にマジックテープ(あと、ファスナー)も用いられていたようです。
異なるファブリックの合成や、コートの解体と再構築によって上下で異なったLookなどはRaf Simonsらしいクリエイション。上下リブウールニットを使うのも面白いと思いました。あと、ラフもスカート(キルト)っぽいアイテムの使い方をしていましたね。メンズでのスカートは定着していく?のでしょうか。

ショーの最後にRaf Simonsと共に登場したのはアシスタントのPieter Mulierとのこと。ちなみにRaf Simonsが着ていたのは、PLAY COMME des GARCONSでしたね。

via wwd.com gq.com vogue.co.uk style.com fashionwiredaily.com showstudio.com tFS

posted by PFM