This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Why Frida Giannini Didn't Fly At Gucci

Frida GianniniのGucciの件について、こちらの文章も面白かったので簡単に書いておきます。
ただし、彼女に対してとても否定的な内容なので、ある程度差し引いて読む必要があるかなと。
フリーダはなんだかんだで10年近くGucciのデザイナーを務めた訳ですからね。

---

ある有名なファッション・デザイナーは、ファッションがデザイアについてであるとかつて言いました。それは、デザイナーが描く世界に関するもので、人々がデザイナーの描くその世界を信じることができないならば人々はそのデザイナーの服を買わないということです。

Ralph, Calvin, Donna, Oscar, Tom Ford, Lagerfeld, Stella McCartney, Herrera, YSL, Valentinoのようなスーパースター・デザイナーは彼/彼女たちの世界に住み、その世界にあなたを連れて行きます。それから、シャイで寡黙なクリエイターのMiuccia Prada, Nicolas Ghesquiere, Raf Simons, Rei Kawakubo, Jil Sander, Phoebe Philo。
上記のデザイナーたち全員が共通して持っているものは何ですか?それは、ヴィジョンです。彼らは服とイメージを通してデザイアを生み出し、人々がその世界の住人でありたいと願う世界(観)を構築しました。美しい服だけでは十分でありません。それはあなたが消費者の欲望に燃料を供給するプロダクトの周辺に構築する世界の全てを指します。

ここ5年の間にリメークされたファッション・ハウス:Celine, Valentino, YSL, Dior, Vuitton。そして、人々がバズり、既に決定的で世界的なイメージを持つAlexander Wang, J.W. Anderson, or Tory Burch。この短い期間にこれらのファッション・ハウスの全ては、人々のデザイアとブランド・アウェアネスをつくり出しました。平均的な消費者はこれらのブランドが何を意味するかについて正確に分かっています。そしてそれは、彼らがクローゼットにこれらのブランド品を欲しいと思っている理由です。

Frida GianniniのGucciコレクションは、せいぜい口直し程度のものでしかありませんでした。彼女たちの服は悪くありませんでした。それらは完全に素晴らしかったが、面白味がなく、彼女自身のように、陰謀を企てるでもなく、魅力的な何もありませんでした。私の知り合いのファッション・ビジネス関係以外のほとんどの人々は、まだGucciをTom Fordと連想します。彼らがTom Fordがクリエイトしたイメージをまだ抱いているという彼らの心において、フリーダはインプレッションを作りませんでした。私は彼女がGucciを引き継いだ時から彼女のつくるGucciコレクションのピースを持ちたくてたまらなくなっている人を一人も知りません。

彼女はデザイナーでありませんでした。それは素晴らしい努力でしたが、ヴィジョンを持たない者がブランドを前進させるということはあまりに大きい仕事でした。彼女は他のリブランディングに成功した全てのブランドが組んだ正しいデザイナーが持つものを持っていませんでした。彼女が持っていなかったということは彼女の責任ではありません。

このことから学ぶことができることは、人々に夢を与えることができるデザイナーを起用してください。そうすればブランドは復活することができるでしょう、ということです。