This is Not here - *//LIKE TEARS IN RAIN

Dior homme 2017-18 Winter Collection

これまでデフィレを行っていたTennis Club de ParisからGrand PalaisのSalon d'Honneurに場所を移して行われた、Kris Van AsscheによるDior homme 2017-18年ウィンターコレクション。
今回のコレクションは、ニューウェーブから始まり、Gabba、レイヴパーティーにキャンディーレイバーといったミュージック・シーンのユース・カルチャーにリファレンスを付けたもの。Frederic Sanchezによるサウンドトラックは、Depeche Modeの"Behind The Wheel"のリミックス。

「(若者の間で)テーラリングは終わっており、皆がジーンズやスウェットシャツ、スポーツウェアを着ているように、若者はもうテーラリングを着たくないと非常に言われています。我々はDior(テーラリングがブランドのコアにあり、その技巧を知っている。)において、若者にアピールするようにスーツを再発明すべきだと感じています。」とヴァンアッシュは語り、「それはスーツが(本質的に)終わっているということではありません。我々が正しいスーツを若者に与えることができなかったということでしょう。それ故、(今回のコレクションの)全てのスターティングポイントは、彼らにルーズでクールなものを与え、トップに本当にシックなものを配することにありました。そのミックスが、私は若い世代のために機能することができると思います。」とコレクションを説明する。

フィットしたスマートなジャケットに、緩めのパンツやアンクル丈のクロップドパンツを組み合わせ、足元はカジュアルなホワイトソックスにスニーカーやブーツが飾る。カラーパレットは、ブラックやレッドに始まり、ターコイズやオレンジを徐々に侵入させていく。
ステープラーやハ刺しによって装飾されたジャケットやコート。"THEY SHOULD JUST LET US RAVE"と記されたムッシュ ディオール・ハイネックニット。シャーリング・ノースリーブコートにポニースキン・トレンチコート。オーバーサイズ・ミラーサングラスやセーフティーピン、"HarDior"(Hardcore Dior)とプリントされたバケットハットに缶バッジ、フェスから引用されたKandiビーズのネックレス。そして、ユニークでお茶目なテディベア・モチーフのベルトループ・チェーン。ショーの終盤では、インヴィテーションにも使われたシカゴ出身のアーティストであるDan Witzの"Mosh Pits"がフィーチャーされる。

2016-17年ウィンターから2017年サマーに掛けての延長線上的なコレクションではありましたが、パリピ的な要素を用いてコレクションに変化をつけ、攪拌させていた印象ですね。クラシカルなメゾンの伝統にある種のキッチュさを注入し、モダナイズすることで若い世代にクールなテーラリングを訴求するといった感じでしょうか。

Dior hommeのアーティスティック・ディレクターを務めて今年で10年を迎えるKris Van Assche。MFF Magazineでのインタヴューにおいて、この10年間はいろいろなことがあったが、あまり多くを振り返るのは好きではなく、古いコレクションもあまり見ないと話す。自分がより良くできること、次に何が来るのかを彼は考えているとのこと。
Dior hommeでの10年はインクレディブルな旅であったが、ここ1年半の間はブランドの野心と発展を加速させているように感じており、直近の3シーズンの自身のクリエイティヴ・ディレクションもそうだと言う。時に、それは新しい会社のように感じる、と話す。それは2015年にヴァンアッシュが自身のブランドを休止し、Dior hommeに集中するようになったことと、同年、Serge BrunschwigがDior hommeのプレジデントに就き、ブランドがより進化し、拡大を始めたという幸運の偶然一致にあるのだと彼は説明する。彼が話すように、シグネチャーの休止から現在までのDior hommeでのクリエイションはそれまでのものよりも濃密で、ブランドとして全体的に良い方向に進んで行っていることは間違いないでしょう。

インタヴューの最後に「3ワードで現在のブランドを説明するなら?」と問われた彼は、"Christian Dior homme"と答えている。それは、Monsieur Christian DiorとDior hommeの結合にあるのだ、と。

via dior.com vogue.com wwd.com dazeddigital.com businessoffashion.com tFS