This is Not here - Invisible Moment *//INCIDENTAL VANISHING STARS//

Karl Lagerfeld thinks Sarah Burton should go to Dior... Why Dior Is Struggling to Replace Raf Simons...

Karl Lagerfeld thinks Sarah Burton should go to Dior
カールはDiorの次期デザイナーに関して、Sarah Burtonは面白いオプションだ、と話したようですね。
tFSでも指摘されていますが、サラはデザイナーというよりも職人的なタイプであって、デザイナーとして新しい世界観を提示するというよりもヘッド・スタジオ・デザイナーのようなポジションで力を発揮するタイプかなと思います。長年、Leeの右腕として経験を積んできた彼女の経歴と現在のAlexander McQueenを見ればそれが分かりますね。よって、Diorのデザイナーに彼女が就くとすれば、ブランドは全体的にとても保守的になるかなと。その前に彼女は英国に家族と住んでおり、年6回のDiorのコレクション・スケジュールに耐えられるかどうかという問題があって、ここがクリアできないと難しいと思いますけれど。誰が就くにしてもハードワーク問題はハードルが高い問題になると思います。

ついでに、Dazedの記事の最後の部分ではChoupetteのInstagramを引用してHedi SlimaneがChanelでメンズウェアをやる?という噂が書かれていますが、カールの愛猫のアカウントでそう書かれると…どうなのでしょうか。Saint Laurentで彼がしたことの延長線上でChanelでも同じことをするのであれば、個人的には全く無しだなと思っていますが。エディのシグネチャー・ブランドに関する報道は公式に否定されましたが、自由に自身の趣味に走るのであれば、やはりシグネチャーでコアなファン向けにやっていく方が良いのではないかなと思います。

Why Dior Is Struggling to Replace Raf Simons
DiorはRaf Simonsの後任探しに苦労している、というお話。ブランド全体のイメージ・コントロールはデザイナーが関与できないというのはDiorのようなメガブランドならしょうがないかなと思ったりもしますが、それも後任探しに苦労している要因の一つとされていますね。年6回のコレクションに加え、ブランド全体のイメージ・コントロールまで手掛けるとなるとかなりの労力が必要になりそうですけれども。
後任に関してはValentinoのMaria Grazia Chiuriが候補として挙げれられているのが気になりましたが、前述のSarah Burtonの件もそうですが、女性デザイナーが実現すればDiorの歴史の中では初となるんですね。

ラフのCalvin Kleinの噂に関しては、個人的に最初からポジティブには受け取っていないですね。そもそも彼がNew Yorkというのはあまりピンと来ないですし、自身のブランドがあるので関わるとしても欧州ブランドでなければ地理的にも厳しいのではないかなと。ベルギー付近にスタジオを別途設けるという手もあるにはありますが、なるべくコレクションの開催地とスタジオは密接にあるべきかなと思います。逆にCalvin Kleinが今回の改革を機に、MilanやParisでコレクションを披露するようになる可能性もゼロではありませんが…。
ちなみに、現状のCalvin Klein Collectionは単体としてはビジネスとして機能しておらず、ブランド全体にハロー効果を起こすためのマーケティングでしかないようで、この辺もPVHは変えたいのかもしれませんね。

Raf Simons 17SS Collection at Pitti Uomo

Raf SimonsがPitti Uomoで2017年春夏コレクションを披露するようですね。
6月14日から17日までフィレンツェで行われますが、スペシャルプロジェクトというのも何なのか気になります。
彼は2010年6月にJil Sanderの2011年春夏メンズコレクションを披露して以来のPitti Uomoとなりますね。

Dior Homme 2016 Autumn Collection

Dior Hommeのオフィシャルサイトに2016年秋コレクションがアップされていますね。
Kris Van Asscheによると今回のコレクションは、"It's a kind of dressed-down Fridaywear but for grown-ups,"ということで大人の週末服がテーマのようです。

全体的にフォーマルで、少しだけカジュアルな感じ。アップされているもので全てなのかは分かりませんが、アイテム数もそんなに多くない印象ですね。ウインターコレクションが気合い入っていたので、オータムは軽めにした感じでしょうか。ブティックには5月からデリバリー開始となります。

Kvadrat/Raf Simons and Christian Dior...

Raf SimonsとKvadratのコラボレーションによるKvadrat/Raf Simonsの新作についてのアーティクル。5月1日からskandium.comで新作コレクションの取り扱いが始まるようです。

記事の中で彼は、「(Kvadratとのコラボは)一年のタイムラインがあるので私にとって天国のようです。なぜなら、Christian Diorにいた頃は年に8回のコレクションと各コレクションに最大で150のファブリックを含むことがあったからです。」「今年、私はKvadratのために3つのファブリックをつくりました。私はそれに本当に注意を払います。プロジェクトに十分な孵化期間を与えることができることは、素晴らしいです。Diorでは、ファブリックを2時間以内に選ばなければなりませんでしたので。」と話していますね。

やはりDiorでの超絶タイトスケジュールでのコレクション制作はかなり辛かった様子が伺えます。彼の制作スタイルと拘りでは、短期間にコレクションを制作してくことは難しかったということなんでしょうね。キャリアもスタイルも違いますが、Karl Lagerfeldがどれだけ凄いかというのがよく分かります。ラフはLook毎に資料をまとめ、アイデアを涵養しながらLookを完成させていく制作スタイルですが、カールは閃きに近いスケッチでどんどん前に進んでいけますからね。
LVMHがChanelのようにDiorでもプレコレクションを重視し始めた時期と重なったのもタイミングが悪かったような気もしますが、ビジネスという観点で見れば、いずれにしろプレコレクションを重視するという流れは来ていたのかなと思います。Vanessa Friedmanが今日ポストしていたアーティクルもプレコレクションに関する話題で面白いですね。

「それは非常に美しいファッション・ハウスであり、そのヘリテージに携わることができることは素晴らしいことでした。しかし、結局、それは私の手に余るものでした。」「今にして思えば、私がそこに行ったことが間違いであったでしょうか? いいえ、そうは思いません。(Diorは)ファンタスティックな経験と時間でした。そんなに短い期間だけそこに行くという計画ではありませんでしたが、しかし、私は長い期間そこで契約するつもりもありませんでした。それで、(問題が)複雑になったので、私はそこを出ることを決めました。その理由の一部は、ファッションが採用しているシステムにあります。それはスピードを出し過ぎています。毎シーズン、私は多くのものがそのような発展をしているのを目にしますが、自分を含む特定の創造的な人々は、もはやそのスピードに合わせる気がないと思います。私はそうしたくありません。そのレベルのものに取り組むならば、あなたは多くのことに失敗します。」

Christian Diorのアーティスティック・ディレクターという役職は自分には大き過ぎたとラフは振り返っていますね。Diorで過ごした時間はファンタスティックであったとも語っており、長居をするつもりも無かったけれど予想よりも早く離れることになってしまったと話しています。そして、その理由の一端は(以前から言われていましたが)ファッションの速度にあったと。

才能ある人がその才能を発揮できないというのは勿体無いですね。Christian Diorというメゾンにとってもそれは損失であるはずなのですけれど。デザイナーには法外な報酬があるのかもしれませんが、ビジネス優先で才能を使い潰していくというのは企業としては結構、グレーかなと。そこに身を置くも去るもデザイナーの自己責任と言ってしまうこともできますが、それで結局、デザイナーの作品が見れなくなってしまうと最終的にファン(顧客)が悲しむ結果になる訳ですから。サステナブルにデザイナーがクリエイションを続けられるシステムが求められているし、長期的にはそれが良い結果に繋がる世界になって欲しいものですね。